High school baseball

縁あって、今日府内の高校野球部で、
トレーニング指導を行う機会がありました。
僕が高校時代にスポーツ医学に興味を持ち、
アメリカに行って勉強しようと思いはじめた、
そもそものきっかけが高校野球です。
かれこれ10年経って、やっと自分の原点、
モチベーションとなった所に戻ってくる事が出来ました。

将来は高校生など、きちんとしたトレーニング指導、
リハビリなどを受けられ無い、
怪我で悩む選手や子供達のヘルプをしたい!と思い、
アスレティックトレーナーなどを目指す人も多いと思います。
(実際に僕もそうだったわけですが、、、)
僕は直接高校で働くという事を目指していくよりも、
今回の様な機会があった時に、
実力をつけておくという方向で進んで来ました。

時間はかかりましたが、結果として良かったんじゃないかな、と思います。
アメリカのプロや大学での経験、仕事が、
その時には直接こういった形で生きてくるとは中々思えないですが、
上を目指しておいて、将来困る事はないと思います。
アスレチックトレーナーとして将来やりたい事と、
現実の狭間で悩む人は多いと思いますが、
こんな事もあり得るんだという事を知っておいてもらいたいです。
チャンスを頂いた時に、そのチャンスを生かせるのは、
もちろん人柄なども大事ですが、やはり実力がものをいうと思います。

今回こういった形で少しでも還元出来て、良かったと思います。
[PR]

by hiroisu | 2009-11-15 14:38 | Athletic Training

<< Clients Morning Session >>