Kids Rolfing

今日、4歳の子供の歩き方が気になると、
ご両親が連れて来てくれたので、
みさせてもらいました。

歩き方をみると、右足、左足ともキチンと接地できていない感じでした。
ご両親曰く、走る時にも足が逃げるので、
中々早く走れるようにならないようです。

まず脚からみていくと、
右足の膝から下が内旋、左股関節が若干前にある印象でした。
下肢がある程度整ってから背中を触ってみると、
左側の方が大分張っていたので、
それもあって骨盤が捻れて、
脚が安定しなくなっていたのかも知れないですね。

30分ぐらいやった後に歩いてもらうと、
すっと体重も乗るようになって、
走る時も大分地面にパワーを伝えられるようになっていました。

身体が小さいと、全身のバランスも見やすいし、
反応も早いので、すぐに変わってくれます。
アイダ・ロルフが赤ちゃんにロルフィングしていた理由が良く分かりますね。
あの子がそのまま成長していくのと、
こうやってバランスが整ったのでは、
今後の人生に与える影響も変わってくるでしょうからね。
そう思うと、こんなに素晴らしい仕事は無いですよね。

これからも色々な子をみていきたいですね。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-21 01:06 | Rolfing

<< Teeth and Body Kagawa >>