<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MAT Lower

前回、MATの上肢編をやらせて頂き、好評だったので下肢編を10/30に行う事になりました。是非ご参加下さい。前回の様子はこちらの動画で見て頂けます。

セミナーの詳細はこちらから。
[PR]

by hiroisu | 2011-09-26 09:01 | Workshop

How do you run or walk?

下のYouTubeは裸足と靴を履いた時の走り方の違いを見せてくれています。
英語にはなりますが、凄く分かりやすいので見てみて下さい。


最近の靴を見ていると、傾向は二極化しているのかな?と思います。
一つは素足に近い状態の靴で、もう一方は靴によりエクササイズの効果を高めたり歩き方が矯正されるように意図された靴。

a0021482_1282197.jpg
素足に近い靴の例としては、Nike FreeやVibramのFiveFingers。AdidasやPumaなども軽くてクッション性が少なく、インソールが柔らかい靴がでていますね。僕自身、VibramのFiveFingersはアメリカにいた時から履いていたのですが、最近は日本でも見かけるようになりました。裸足に近い感覚で歩ける、走れるので、慣れると普通の靴には戻れない感じです。足の間の内在筋が使える感じがしますね。

a0021482_1283450.jpg
次に、エクササイズ効果を高める代表格は、MBTやReebokのEasyToneでしょう。これらは、靴の底を不安定にする事で筋がより働く状態を作りだし、エクササイズ効果を出そうというコンセプトです。
さて、ここで良く理解しておいてもらいたいのが、これらの靴はエクササイズのような感覚で履く必要があるという事です。足が不安定な状態を作り出すというのは、身体にとっては「強張る」状況を作りだすので、エクササイズの効果はあるかも知れないですが、長期的にその状態が続くのは身体にとっては良い事ではありません。そこを理解しないで常にこれらの靴を履いていると、身体に異常が出てくる事が多いので注意が必要です。

また、ハイヒールなども同じ事が言えます。ファッション性や仕事の関係で履かざるを得ないのは仕方がないと思いますが、踵が常に高い状態だと、ふくらはぎの後ろから、身体の後ろのラインが硬くなってきます。つま先も細くなっているため、足を十分に広げる事が難しくなるので、履かなくて良い時は素足に近い状態でリセットできるようにしてあげる必要があると思います。

最後に、どちらの場合でもそうですが、人の身体は適応するのに時間がかかります。プログレッション(徐々に負荷をあげていくこと)が大切なので、新しい靴に変えた時などはいつもより負荷を低くしたり時間を短くしてあげる事が大事です。

靴屋さんに行った時に色々見てみて下さい。
[PR]

by hiroisu | 2011-09-24 13:13 | Athletic Training

Job Opportunity

友人から、適任者を探しているので紹介してもらいたいと連絡をもらいました。
10月には面接という流れになりそうで、9月中には履歴書をお願いしたいという事なので、ちょっと急ぎますが、以下、詳細です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

募集予定:2人

勤務予定地:上尾中央総合病院内(埼玉県上尾市)
※帝京大学病院スポーツ医療学科にも派遣になるかも。

勤務条件:授業ができること(40歳以上は講師、40歳未満は助教として)

補填:帝京大学ラグビー専属トレーナー
   
上尾中央総合病院 整形外科 副院長 大塚一寛先生は、FC東京のチームドクターで長友選手をサポートしてるし、設備もかなり揃ってる。手伝いにも行けると思う。面接は、大塚先生がやって、帝京大学病院スポーツ医療学科の高尾教授に推薦する流れみたい。 今後本格的にスポーツ医療に携わっていく予定で、有力なスタッフを探してる。 プロとの契約も多くあるし、ジャンルも幅広いから、かなり勉強にもなると思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とのことです。
ポジション的にある程度の経験が必要かとは思う感じですが、サッカー、ラグビーや授業を教える事に興味がある人には良いのでは無いでしょうか?ATCである必要も無いようです。僕も詳細は知らないので質問とかには答えかねますが、友人に連絡する事はできるので、まず興味のある方は私にご連絡下さい。
athiro@mac.com
[PR]

by hiroisu | 2011-09-21 09:16 | Athletic Training

Taiwan

你好!
相変わらず、その程度の中国語しか知らない自分ですが、台湾に行ってきました。

今回は10月の準備でいった訳ですが、毎日何やら大変でした。中国語にやっと耳が慣れてきたかな?と思い、そろそろ頭が一杯一杯だ~!!という感じになって来た所で帰国。毎回同じです。同じ人間が発する音なのに、言葉を知っている人には理解できて、知らない人には理解できない。逆に、この音はこの事•物•動作などを表すというリンクができ、文章を構成する為のルールを知っていれば言葉は理解できる。言語って面白いよなぁ。

やらなきゃできるようにならないのは知っているものの、英語の経験でどの程度の苦労と努力が必要だか知っているので、中々やる気にならない自分です。

台湾は相変わらず元気な所でした。今の日本とはちょっと対象的かも知れません。帰って来た時に、日本は綺麗で静かだけど、賑やかさと勢いが無いな~、と感じました。

さて、台湾滞在中、今回は士林夜市ではなく師大夜市に行きました。お洒落なお店もあったり、外国人、学生も多くて、面白かったです。僕的には士林より師大の方が好きだな。相変わらず、色々食べました。あんまり写真撮らなかったけど、、、。

a0021482_12563321.jpg

牛肉麵!この腱の部分のコラーゲン質がたまらない!

それから、写真は無いですが、緑色臭豆腐も食べました。東京タワーの人も日本から食べに来てくれたのよ!とフレンドリーなお店のおばちゃんが言っていたので、多分リリー•フランキーではないでしょうか?

両方共美味しかったです!
台湾に行く機会があったら、是非~。
[PR]

by hiroisu | 2011-09-10 09:37 | Diary