<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

MTs

MTをみて何の略だと想像しますか?
色々あると思いますが、Manual TherapyとMovement Trainingが両方共同じMTだなぁ、と最近思ったのがきっかけで今回の投稿に至りました。

良く聞くのは、
「俺はストレングス系だから、Manual Therapyにはあまり興味がないです。」
「自分は治療家だから、動きの事はちょっと。。。」

自分が今ロルフィングの際に人を診て行くプロセスは、基本的に評価のプロセスで知られるHOPSと同じ問診、視診、触診の流れです。問診で相手に話を聞いてどういう状態なのかを把握し、視診で姿勢や動作をみて、ある程度身体がどういう状態にあるかが分かるでしょう。その後、実際に身体に触れる事でさらに詳細が分かってきます。もう一歩先にいって、触りながら動かしたり、動かしてもらったりする事で、また違った情報が得られます。評価の場合はどの組織に問題があるかをAROMとPROMで識別して行く訳ですが、ロルフィングではPROMで筋膜の滑りを、AROMではその人の身体の使い方を自分は診ています。ここまでは、実際のMTsに入る前の段階ですが、ここまでの評価でいかに的確に問題点を絞り込む事ができるかが、その後のMTsの効果がでるかどうかを決定付けると言っても良いと思います。動きを診る為には、見るだけではなく、触る事もとても大事だと知って欲しいです。

そして、アプローチの際にも両方からのアプローチを行う事で、相乗効果を得る事ができます。Manual Therapy的なアプローチで身体が正しい位置、動きができる環境を創り出し、その感覚を覚えてもらう為にコーディネーションレベルでのMovement Trainingをしていきます。すると、Manual Therapyだけでは元に戻ってしまった人も自分の感覚で新しいものを維持できるし、Movement Trainingだけでは正しい動きがしたくても出来なかった人が、出来る状態を創り出してもらえば、できるようになるのです。

何?現場で両方やるのは無理?

そういう環境の人の為に日々頭をこねくり回して自分の身体で人体実験している自分なのです。
でも、Therapistの人も、Trainerの人も、両方併せてやってみると面白そうじゃないですか???
[PR]

by hiroisu | 2011-06-19 13:47 | Athletic Training

Lines & Planes

面やら軸やらに関しては、ここのブログでも何回か紹介しています。読み返してみると、何やらマニアックな事を書いていて、頭が痛くなってきますね。自分が書いたんでしょうか、本当に(苦笑)。
面と軸、筋膜の繋がりに関してはこちら。
軸に関してはこちら。

今日、ツイッターでちょっと呟いていた事を画像を使って紹介したいと思います。三回目のエドのWSも終わり、本当の意味で統合されて来たのか、かなり身体の正しい位置とその感覚が明確になっているので、そんな内容でした。

エドが言うExpansional Balanceはこちら。
a0021482_133928.jpg

エドもこのコンセプトの手助けになったという、マイケル・ネバドンという人のコンセプトがこちら。
a0021482_1364024.jpg


両方共、地球という重力場での身体の仕組みと位置を示している感じです。上下・左右・前後の感覚ですね。これが明確に出てきて、動きの時に身体が縮こまる事なく、広がりながら動く事が大事になってきます。そうすると、身体の広がりを維持したまま動けるので、無駄な力がいりません。テンセグリティ構造という感覚?本当に身体全体で動きを行う感覚になります。ちなみに、僕の身体のイメージはこんな感じです。
a0021482_212018.jpg


自分の中では、エドのExpansional Balanceを理解するのに必要だったキーが足と手でした。肘・膝に対する足と手の位置が明確になってきて、身体の正しい位置とその面上の動きがこれだ!というのが分かってきた気がします。

人間の動きは回旋を伴って行われるので、どこかに問題があると、その代償が別の面か関節で出てきます。しかし、正しい位置と機能の判別は面上で行えば良いので、動作が行われる時に面で動きが起らずに回旋動作が出る所は、代償が起っているという事になります。

それに伴い、セッションの中でも印象が変わって来ました。今まではアナトミートレインのラインは、そこに繋がりがあるから、それに沿ってワークするものだと思っていたのですが、実は身体が正しい位置にあると、アナトミートレインのラインが出てくるという感覚に変化してきました。

かなり難しい話になってきているので、例をあげます。

今まではバックラインのように、腓腹筋→ハムストリングス→脊柱起立筋、などの繋がりで捉えていたのですが、今は足関節の背屈・底屈→膝関節の屈曲・伸展→股関節の屈曲・伸展として機能でみていっています。そこで問題があると、屈曲・伸展は矢状面で行われなければいけないのに、代償的に捻れていくのです。その捻れは、足関節だけでは終わらず、膝、股関節と続いていきます。それが、ラインを感じ辛くしているのです。捻れている所は、大抵の場合は筋膜的に癒着していてスライドしない所です。筋膜のスライドの件に関してはこちら。
癒着がある際は、本来ある筋膜的繋がりが別の所にも繋がってしまっているので、明確に繋がりが分からないのです。それが、動きの中で問題がある所を改善していってあげると、明確に繋がりが分かるようになってくる。それが、ラインの繋がりを意識していたものから、ライン(繋がり)は代償が無くなってくると明確に分かると書いた理由です。

筋膜の繋がりは今までのその人の身体のパターン、重力の使い方になってくるので、寄り道しているより、ダイレクトに本来の機能に沿って物理的エネルギーが伝わる方が効率が良いですよね。重力が上から下、下から上へと寄り道しないで抜けていく状態になると、身体は自然と良い状態になっているのでしょう。
[PR]

by hiroisu | 2011-06-09 02:05 | Rolfing

New OSU Head Athletic Trainer

NFLで初、そして唯一の女性フルタイムスタッフとしてスティーラーズで働いていた磯さんが、この度Oregon State Universityのヘッドトレーナーに就任されました。

磯さんは、OSUの大先輩です。OSUにいた時に実際にお話を伺った事もあります。NFLの時は、残念ながら直接お話する事は出来ませんでしたが、同じフィールドにはいた事があります(苦笑)。元スティーラーズの選手で磯さんを知っている選手は、彼女の事を凄く良く言っていました。今まで、彼女の事を悪く言う人に会った事が無いというのが印象です。本当に、凄いの一言ですね。

前任のヘッド、バーニーには凄く色々な事を学んだし、尊敬するATの一人なので彼がフットボールから離れる事になったのは残念ですが、変わりが磯さんなら安心という感じです。頑張ってもらいたいです!磯さん、おめでとうございます!

GO Beavers!
[PR]

by hiroisu | 2011-06-03 09:53 | Athletic Training