<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Finish for 2010

今日で2010年の仕事、終了しました。
最後のセッションの後、セッションルームの大掃除。
普段も床を拭いたり、掃除しますが、
家具をどかしての掃除はあまりしないので、
隠れた所にホコリが溜まっていました。

右側、左側と物を移動させて、床を拭き、
本棚の上をはじめ、気が付く所は全部掃除しました。
大掃除、部屋も綺麗になりますが、
本当に気持ちも綺麗になる気がしますね。
昨年の7月から使い出し、少しずつ物も増え、
思い出も増えるにつれて愛着も湧いてきています。
今年一年「ありがとう」という気持ちで、
クライエントさん達や今年の事を考えつつ掃除しました。
色々な方に来て頂けて、本当に良かったです。

ちょっと配置を変えたら、少し雰囲気も変わって、
広く感じるようになりました。
新年、またあそこで仕事をするのが楽しみです。
今年も残り後二日、皆さん良いお年を!
[PR]

by hiroisu | 2010-12-30 01:12 | Diary

Inspiration & SMC

先週の水曜日に新しいアイディアが生まれました。
毎回の事ながら突然です。
セッション中に起こる事が多いのは、集中しているからでしょうか。

そんな新しいアイディアが出た直後の先週末にREACHのSMCがありました。
昨年、一昨年と講師をさせて頂きましたが、
今年は参加者として行って来ました。
スポーツ医学系のセミナーに参加するのは久しぶり。
毎年SMCの時期になると今年も終わりだという感じになります。
人の話しを聞いていると色々なヒントがあるので面白いです。
久しぶりの人にも会えたし、楽しめました。

SMCの間に親しいATCに新しいアイディアをシェアさせてもらい、
身体を貸してもらって実験してみました。
中々効果がありそうです。
この方法は、可動域を出すのがメチャクチャ早いです。
MATの筋肉とROMの見方にロルフィングの手技と行った所ですか。
昔も考えていた事なのですが、一つの事を加えたら劇的に変化しました。
まだまだ実験段階ですが、検討していく価値がありそうです。

なんて、、、もったいぶりつつ、、、
もう少し様子が分かって来たらここでもシェアしたいと思います。
[PR]

by hiroisu | 2010-12-23 00:49 | Diary

Translation

翻訳の為に、お勧めの本を二冊読みました。
翻訳の本と、日本語の本。

英語を理解する事は当たり前ですが、
翻訳をする時に常に日本語の能力が必要だと痛感します。

英語と日本語で文の構成を考えるのは、英語の方が慣れています。
英語の場合、文法から入り、
文の構造を解体してから理解するというプロセスを勉強したからです。

日本語の場合、知らず知らずの間に理解している感じなので、
日本語がどういう文の構造をしていて、
どういう文が読みやすいか知りませんでした。

日本語の文章構成の論理的説明を初めて知りました。
なるほど、構成・ルールを知ると日本語の理解力も変わってくる気がします。
自分もブログなどで文章を書く時には気をつけていきたいと思います。
[PR]

by hiroisu | 2010-12-18 00:12 | Diary

Tokyo Workshops

東京で講習会を行って来ました。
いつも東京に行くと、疲れて帰ってくるんですが、
今回は凄く元気です。
逆に刺激になった感じです。珍しい。

今回の講習会は、自分にとっても凄く実りあるものでした。
今まで、自分ではできても、それを伝えられるのか、
半信半疑だった事が、十分伝わった感じがありました。

色々な人達と話しをする機会もありました。
ATC、SC、ロルファー、MATスペシャリスト、
それぞれ刺激的です。
自分が普段やっている事や、考えている事を発信したり、
シェアできる場があるのは大事だよなぁ、、、と改めて思います。
[PR]

by hiroisu | 2010-12-06 00:20 | Workshop

Home Town

東京都町田市玉川学園。
人生で、一番長い時間を過ごした場所。
とはいっても、8年。
色々な所を転々としていて、
住んだ所がホーム。
実家と呼べるものがない自分だが、
あえていうならそこになると思う。
何でかは分からないけど、
今回東京に来る際に行かなきゃいけない衝動に駆られたので、行って来た。

自分が住んでいた家まで行ったのは、
高校の時以来。
渡米してから初めて訪れた。
もう、10年以上経つ。

小田急線に乗った時点で、
懐かしさがあった。
玉川学園前に着くと、
ホームは一緒だった。
家までの道も殆ど変わってなかったし、
住んでいた家もあり、今住む人達で、
光がともっていた。

なんで行きたくなったんだろうなぁ~?
あそこに行けるだけ、
自分を受け入れられるようにでもなったのかなぁ~?

突然電話したにも関わらず、
幼馴染とも会えたし、
自分の衝動に従ったのは良かった。
[PR]

by hiroisu | 2010-12-03 22:09 | Diary