<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Sakura

暖かくなったと思ったら、
また寒くなったりと、
良く分からない天気が続いていますが、
靭公園は早くも桜が開きつつあります。

今週末は早くも花見をしている人達がワイワイやっています。
a0021482_199370.jpg

さて、そんな中、僕は火曜日から長野に行って来ます。
良い場所だし、食べ物も美味しいので、楽しみにしていました。
でも、山の中だし、寒いだろうなぁ〜。
今回も色々学んできたいと思います。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-28 19:11 | Diary

Missing Piece?

前日の歯のレクチャーの後、
色々と試させてもらっています。

歯は、今までいじった事が無かったのですが、
基本的に自分のアプローチはどこの関節であれアプローチできるというのは、
今までの経験的に分かっているので、
歯もできるだろうと思っていました。

実際、自分で噛み合わせに違和感が出た時は、
自分の歯をいじったりしていましたし(笑)。

昨日のクライエントさんの中で、
快く新しい試みを許してくれた方々に試させてもらったんですが、
思っていた以上の効果が出ました。
自分でもビックリするぐらいの変化でした。

SourcePointと組み合わせる事で、
ちょっと考えられない身体の変化をするので、
またこれからのセッションが楽しみです。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-23 11:05 | Rolfing

Teeth and Body

歯と身体について、
歯科医の藤井佳朗さんのお話を聞かせてもらってきました。
こんな機会を作ってくれた、
エナジーオープンセンターの享子さんに感謝です。

二時間がアッという間の、楽しいレクチャーでした。
歯というよりは、完全に全身のバランスのチェック法を開発されていました。
基本的には、全身の中で問題がある所をO-Ringでチェックして行き、
根本的原因の場所を突き止め、AKAで治していくというものです。
最終的に顎関節、歯の問題になった時に、
少し削ってあげるだけで、姿勢などが劇的に変化していました。
あのスピードは見ていて久しぶりに痺れました。
臨床経験の豊富さを見ていて感じました。

最後に彼の本を二冊購入
困っている人達を助けたい!という強い思いが伝わってくる内容です。
彼のような人がいると思うと、頼もしいですね。
僕も精進しないといけないな〜、と思います。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-21 23:38 | Diary

Kids Rolfing

今日、4歳の子供の歩き方が気になると、
ご両親が連れて来てくれたので、
みさせてもらいました。

歩き方をみると、右足、左足ともキチンと接地できていない感じでした。
ご両親曰く、走る時にも足が逃げるので、
中々早く走れるようにならないようです。

まず脚からみていくと、
右足の膝から下が内旋、左股関節が若干前にある印象でした。
下肢がある程度整ってから背中を触ってみると、
左側の方が大分張っていたので、
それもあって骨盤が捻れて、
脚が安定しなくなっていたのかも知れないですね。

30分ぐらいやった後に歩いてもらうと、
すっと体重も乗るようになって、
走る時も大分地面にパワーを伝えられるようになっていました。

身体が小さいと、全身のバランスも見やすいし、
反応も早いので、すぐに変わってくれます。
アイダ・ロルフが赤ちゃんにロルフィングしていた理由が良く分かりますね。
あの子がそのまま成長していくのと、
こうやってバランスが整ったのでは、
今後の人生に与える影響も変わってくるでしょうからね。
そう思うと、こんなに素晴らしい仕事は無いですよね。

これからも色々な子をみていきたいですね。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-21 01:06 | Rolfing

Kagawa

二度目の香川に行って来ました。
今回は二度目という事もあり、
こちらも勝手が分かっているし、
クライエントさんも二回目の方が多かったので、
スムーズに進んだ気がします。

今回は、凄く勉強になるセッションが多かったです。
また新しい出会いもあり、楽しく過ごさせてもらいました。

海が気持ち良いな〜。
a0021482_0425262.jpg
[PR]

by hiroisu | 2010-03-21 00:45 | Diary

Pattern

吉岡紀夫著の「Fa(scia) Ther(apy)/筋膜療法」を読んでいました。
前々から本屋で見かける度に中身をチラチラと見ていたんですが、
今回全体を通して読まさせてもらいました。
ロルフィングと通じる所も多くて、中々面白かったです。

さて、彼は一つの身体の傾向、パターンを提唱しています。
右肩が前に出て、胸郭が左回旋、左の腰椎がつまり、
くびれが無くなるというもの。

PRI(Postural Restoration Institute)も、
身体のアンバランスというものに着目し、
肝臓と心臓の位置関係から、歪みの傾向があると言っています。
a0021482_11491577.jpg

PRRT(Primary Reflex Release Technique)でも、
Nociceptive Examの際にチェックする場所で、
圧痛があるパターンがあると言っています。

オステオパシーでも、Zinkによる、
Common Compensatory Fascial Patternなるものがあります。
a0021482_1222534.jpg

骨盤は、右の寛骨の方が前方回旋しやすいというのは、
PT、ATCにも比較的良く知られている事で、
リサーチでも統計が取られています。

ただ、日常的に色々な人の歩き方、姿勢を見て、
それを変化させる仕事をしていると、
人の身体のパターンって、そんなに単純じゃないよなぁ、、、
と思います。
ただ、そういった傾向を知る事と、
左右差があるという事を知っておくのは、良い事だと思います。
闇雲に同じストレッチ、同じエクササイズを、
左右同じようにやっていても身体は変化しないですもん。

一つヒントとして、
身体感覚を直線的感覚では無く、
回旋的感覚で意識していくと、
ちょっと面白いのかも、
という気が最近しています。

自然界は、スパイラルがお好きなようです。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-16 11:57 | Diary

Not Bad

さて、前述していた、
金沢、神戸、東京の移動が終わりました。

思っていたより、全然元気です。
案外、違う場所に行って寝泊まりするより、
朝早く家を出て、朝遅くても家に帰ってくる方が良いのかも?

今回の東京行きも日帰りで、
新幹線で東京まで行って、そこから現地に行って、
帰りもそのまま帰って来ました。
人ごみの中に荷物と共に埋もれる事が無かったから、
元気なのかな?

でも、金沢も東京も、折角行ったのだから、
もうちょっとゆっくりしたかったなぁ〜というのが本音です。
金沢ではご当地B級グルメを頂いて来ました。
初の「雷鳥」もレトロで面白かったです。

ちなみに、移動時間はウェブをいじっていました。
アップできるのはいつになる事やら、、、。

さて、今度は来週香川で、3月末に長野です(笑)。
今月は動くな〜〜〜。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-08 10:22 | Diary

Meridian & 10 Series

奄美の合宿以来、相変わらず経絡に興味があります。

今まで、経絡の相互関係、位置関係を気にした事は無かったんですが、
奄美の時に経筋治療のDVDを貸してもらい、
それを見ていて、ペアになっている事を初めて知りました。
基礎中の基礎なのにね、、、。

今まで経絡の流れを覚えるのは難しいなぁ〜と思っていたのに、
ペアになっていて、法則があるという事を知ってしまうと、
一回で頭の中に入りました。
やはり丸覚えは苦手です。。。

陽経には手、足六つあり、
それぞれ
手・足陽明系
手・足太陽系
手・足少陽系
とあります。

陰系も、
太陰、少陰、厥陰が手足にぞれぞれで、六つあります。

陽明系は、手・足共に第二指(趾)から始まり、
身体の前を通っています。(大腸と胃)
つまり、セッション1のフロントライン。

太陽系は、手・足の第五指(趾)から始まり、
身体の後ろを通っています。(小腸と膀胱)
つまり、足からバックラインを行うセッション2です。

少陽系は、手・足の第四指(趾)から始まり、
身体の外のラインを通っています。(三焦と胆)
セッション3の外側ラインとかぶります。

つまり、1〜3の表層部のセッションは、
陽経にアプローチするセッションと考えても良いのでは無いでしょうか?
陽経は痛みと関わりが強いようで、陽経にアプローチする事で、
痛みが比較的早く改善する事も多いようです。
ロルフィングも、表層部のセッションだけで、
ある程度身体が整うし、痛みが取れるケースも多いですもんね。

面白い事にロルフィングの第4セッションは内股で、
内股は陰経が集まっています。
と言う事は、コアセッション=陰経のセッション?!

物事は自分の見たいように見えるもので、
ロルフィングの各セッションのゴールなどは、
何とでも取れる要素が多いのも事実ですが、
こんな見方も10シリーズの新たな一面としてありじゃないかな、
なんて思ったりしました。
[PR]

by hiroisu | 2010-03-03 11:17 | Rolfing