<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

From Nagoya

長野WSで同部屋だった先輩ロルファーの方が、
昨日名古屋から遊びに来て下さいました。

暫くゆっくり話しをした後に、セッション。
ソースポイントも改めて体験してもらいました。
Before/Afterで動画を取ったんですが、
キッチリ変化していましたねぇ。

セッション後は、一緒に夕食。
ロルファー同士で無ければ出来ない話しなどが色々出来て、
久しぶりに楽しい時間を過ごさせてもらいました。
名古屋は、思っているより大阪から近いですね。
今度は僕がフラッと遊びに行きたいもんです。
[PR]

by hiroisu | 2009-09-29 12:20 | Diary

Silver Week

連休も終わりましたね。
僕は連休とは関係無く働く感じな訳ですが、
それでも予約の入り方などをみていると、
連休の影響があります。

周りが休みだと、こちらも休みモードになるから不思議なものです。

土曜日は、セラピストの方達向けにロルフィングのデモを行って来ました。
デモももう三回目?という事で慣れたものです。
とりあえず、今回でロルフィングトレーニングへの告知という目的の
デモは終了しましたが、これからもデモはやっていきたいなと思います。

デモの際には、腕と首の繋がりを感じる事が今まで以上に出来ました。
知ってはいて、普段腕をやってる時に、首までの繋がりを感じていても、
実際に腕をやる前、後すぐに首を触診するというのは、
今まであまりやった事がありませんでした。

手を使う人の職業病とも言える手、手首の違和感と肩こり。
手を緩めると、それまで張っていた、
首の頚胸移行部の部分もスッと弛んでいました。
面白いのが、当たり前と言えば当たり前なんですが、
右側をやると、首も右側が弛んで、左側はまだ残っていた所。
首だけやっててもリリースしない時は、
腕からせめて行く必要性を改めて感じました。
腕だけ、首だけってこういう機会でも無いとやらないですからね。
デモならではの発見でした(笑)。
足もこんな感じで腰部と繋がってるのかなぁ〜?
[PR]

by hiroisu | 2009-09-24 09:39 | Diary

Autumn

NFLも開幕し、外も夜は上着が無いと肌寒いようになって来ましたね。
Texansは初戦敗退。
残念ですが、これからの長いシーズン、頑張ってもらいたいです。
そう、アメフトと言えば、秋です!
いや、秋と言えばアメフトかな?
この時期は、毎年フットボールで忙しい日々を送っていたので、
何だか仕事したいモードになります。
暑過ぎず、気分が良いからっていうのもあるのかも知れないですけどね。

おかげさまで、ボチボチ忙しくさせてもらっています。
最近、手が大分変わって来ました。
所謂、"in shape"になってきた感じ。
手そのものの形も変わっているし、かなり持久力もついた気がします。
一般的ロルファーの人より、僕は手が中心でセッションを行う事が多いので、
一日の最後の方は結構腕が重ーくなる感じが前まであったんですが、
最近減って来ました。
まぁ、かなりメンテをするようになったというのもありますけど、、、。
商売道具なんで、キチンとケアしてあげないとね。

セッションは、本当にやる中で学ばさせてもらっている感じです。
この前、MAT的にROMをチェックして、
その後SourcePointのダイアモンドポイントを使ったら、
ROMが左右均等になってしまいました(苦笑)。
つまり、そこでMATをはじめていたら、
かなりの時間を損する事になったんでしょう。
でも、他の所で制限があって、
その制限がある可動域に関係する組織にワークしていたら、
可動域が面白いぐらい広がりました。
この可能性は、もっと突っ込んでみていく必要があるでしょうねぇ。
MAT Specialistの方、大阪に来て下さい。実験しましょう(笑)。

後は、ほぼ仙骨、頭蓋しか触っていないのに、
歩き方がバシッと変わった方もいらっしゃいました。
こんなイメージが本にものっていますし、
関係あるんでしょうねぇ。
頭蓋仙骨療法をやられる方で、歩き方を見て、
身体のバランスとの関係を見る人は少ないんじゃないかなぁ。
a0021482_9325821.jpg

This image is from Craniosacral Biodynamics by Franklyn Sills
[PR]

by hiroisu | 2009-09-17 09:33 | Diary

Things to make me relax

仕事後、合間のカプチーノ。
お気に入りの場所を見つけました。
a0021482_2322118.jpg


iPhone App "Polarize"で撮影。
なかなか面白いね。

a0021482_232558.jpg
a0021482_233419.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-09-12 23:03 | Diary

Back to basics

前回紹介した本の内容はかなり良いです。
早速セッション中にも本の中のテクニック、
または同様のコンセプトを用いて使っています。

骨と靭帯の位置関係、凹凸、線維走行などが分かっていたら、
後は今まで感じていた微細な動きとあわせて使ってあげれば良いので、
本にのっていない所でも、我流でやれています。
微妙なベクトルの変化で、組織の変化のスピードが驚くほど変わるので、
ビックリしています。

そんな訳で、改めて解剖学書を見直しています。
カパンジーも改めて引っ張りだして来ました。
骨、関節、靭帯、筋はかなり鮮明にイメージできますが、
腹部、胸郭、頭蓋などの中(!)に関しては、
まだまだ修行が足りません。

なんだかんだで、やはり基本は解剖学です。
まだまだ知らない名称は一杯あるなぁ。。。
[PR]

by hiroisu | 2009-09-11 00:01 | Diary

Coincidence - Books!

今日は朝からヨドバシカメラ。
昨日購入したものがどうやら故障していたようだったので、
交換してもらって来ました。
日本はアメリカと違ってレシートがあっても、
返品できない所が多いので、
今日も行くまではどうなる事かとヒヤヒヤしていたんですが、
実際に壊れているようだという事が確認できて、
新しいものと交換してくれました。
良かった良かった。

午後の予定まで時間があったので、
フラフラ歩き出して、ふと思いつき、
梅田にあるジュンク堂本店へ行ってみる事にしました。
これだけ本屋に行くのが好きなのに、
実は梅田の本店には行った事が無かったんです。

医学書の品揃えがかなり良く、
来て良かったと思ってみていると、
最近ずっと頭にあり、欲しかった本がぱっと目に入って来ました。
このタイミングで本屋に売ってるか〜?
という感じで興奮!
まさに、直感で本屋にいって、その本に導かれていったようでした。
その本は、こちら。
a0021482_2134247.jpg

「靭帯性関節ストレイン ー オステオパシー・マニピュレーション」
Micheal Salvesonがデモで行っていたテクニックです。
最近自分が行っているテクニックがさらに明確になるかも?!
この本は、即買いしました。

他にも、色々と欲しい本、読みたい本が一杯ありました。
英語で持っていて、訳本が出ているのを知らない本も色々発見しました。
色々な本が訳されているんですね。
またちょくちょく暇を見てのぞきにいこうと思います。
[PR]

by hiroisu | 2009-09-04 21:36 | Diary

Hyoid Bone

前回の脳震盪のネタは面白かったと数人が言ってくれたので、
調子にのってまたセッション中に考えたり、
思いついている事を書きたいと思います。

Hyoid Bone。
舌骨です。
a0021482_062910.jpg

顎関節症だったり、首の問題、
時には肩の問題の時に見落としがちなのが、
舌骨とその周りの筋群。
写真を見てもらっても分かると思いますが、
舌骨から上下に筋肉がはじまっていて、
下顎骨や胸骨、そして肩甲骨(肩甲舌骨筋)にまで付着しています。
つまり、舌骨の位置が左右どちらかによっているという事は、
それらの筋群をはじめとする軟部組織にも左右差があるという事でしょう。

MAT、PRRTでも結構扱いますし、
ロルフィングでもコアセッションのネックワークとして、
その辺りを入れてやる人もいるようです。
何はともあれ、ついつい後ろにある頚椎にばかり気をとられて、
前を忘れてしまう時があるので、舌骨君も時々みてあげて下さい。
また、首の前だけでなく、頚椎の前も大事ですけどね。
[PR]

by hiroisu | 2009-09-04 00:00 | Athletic Training