<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BBQ & Hiking

昨日、日曜日は友人に誘ってもらい、BBQ!
グリーンビレッジ交野という所に行って来ました。

昔からの友人の他に、彼女達の友人、夫婦、子供が集まり、
大人11人、子供2人でワイワイ。
参加者の写真は、そのうち誰かが送ってくれるのを待ちましょう(笑)。
一杯カメラがあったので、自分は写真を撮らなかったです。

場所は、BBQスペースからすぐの所に川があったり、
自然に囲まれた場所で、気持ちが良かったです。
美味しいお肉でBBQをして、デザートも食べた後は、
星のブランコ目指してハイキング。
星のブランコは、こんな感じの橋です。a0021482_13151863.jpg

中々爽快な眺めでしたよ。
コースは急な坂もあり、良い汗かきました。
もっと頻繁にああいう所に行けると良いのになぁ〜。
ボルダーが懐かしいです。

良い気分転換になりました!

P.S.
写真を送ってもらいました〜。
a0021482_1631582.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-08-31 13:16 | Diary

Post Concussion

今日、脳震盪を患った人をみる機会がありました。
ATとしてやっていた時とは考えている事も、
アプローチも変わっているものの、
自分の中では筋が通っていて面白かったので、
ここに書いておこうと思いました。

まず、脳震盪の際にATの時は考えていなかった事として、
頭蓋、頭蓋内膜(大脳鎌、小脳テントなど)、脳脊髄膜、
脊椎、仙骨への影響をみていく必要があるでしょう。
もちろん、その周りの軟部組織も大事です。

何はともあれ、、、
胸椎辺りからはじめると、T3がかなりずれていました。
それを治しつつ、そのまま首まであがっていくと、
頚椎、頭蓋も歪んでいました。

ある程度そこが終わった後、右手首、肘に移りました。
右腕が整うと、肩の方の問題が出てきて、
次に右胸郭全体の問題が現れて来ました。
その後、右足首、左骨盤なども軽く行いましたが、
また最後に首に戻ると、はじめとは違う層の問題が出てきていました。
肩と胸郭が解放された分、首が自由になって、
深層部までアクセスできるようになるというのは、良くあります。
特に気になったのは、項靭帯と頚椎の1〜3。
C2は硬膜の付着部だというのも関係しているのでしょうね。

最後は仙骨と骨盤のバランスを整えて、
仕上げにソースポイントという流れでした。

参考になればと思って書きつつも、
ATでこのアプローチは無理だよなぁ、、、
と思います。
そういう意味では、
ATとRolfingのIntegrationは比較的自分の中では、
上手く行っているのかも知れませんね。

ATの人が、せめて脳震盪が与える構造への影響を考慮して、
頭蓋仙骨療法などができるセラピストの所におくる、
という事はあっても良いのでは無いかと思います。
[PR]

by hiroisu | 2009-08-28 21:42 | Athletic Training

Biodynamics

木曜日から4日間、Basics of Biodynamicsのクラスを神戸で受けていました。
先生はAnna De Pagan
彼女はダンスを教えていたというのと、
Rolf MovementのKevin Frankとも交流があるようで、
ワークの感覚をまずは身体で感じるという所からはじめてくれたので、
凄く色々な事を体験できました。

4日間で、かなり自分の感覚を開いてもらった感じがします。

今まで感じていた事の再確認。
コンセプトの再確認。
新しい情報。
新しい身体感覚。

クラスのスペースにあったものも素晴らしく、凄くリッチな4日間でした。
またセッションの幅が広がった気がします。
a0021482_1130252.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-08-24 11:30 | Rolfing

Berlin

世界陸上が高校野球と共にあついですね!

熱闘甲子園の後に世界陸上を見始めると、寝不足になってしまいそうです。

ベルリンスタジアムは、NFLEで試合があった場所なので、
あそこで試合を行ったのが嘘のようです。
もう大昔の事のようですが、懐かしいです。
また、100m決勝にもでていた、Dwain Chambersは、
2007年のNFLEのインターナショナルキャンプに参加していて、
たまたまヘルプで行っていた僕は彼の身体を診る機会があったので、
そんなのも懐かしく。。。
彼とTexansのAndre Johnsonのハムストリングの感触は、
未だに忘れる事がありません。
超一流のアスリートの身体、筋肉というのは、
やはり別格な質をしています。
ボルト選手の身体にも触ってみたい!(笑)

そんな自分の思い出とは別に、
日本の女子陸上選手で関わった事のある選手も頑張っていたり、
タイソン・ゲイはロルフィングを受けたと織田裕二さんが言っていたり、
色々と自分にとって刺激になる話題が多い今回の世界陸上です。
陸上競技という、自分との戦いのようなスポーツの場合、
ロルフィングのアプローチ、コンセプトを知る事で、
自分の身体の事が分かったり、
今まで伸び悩んでいた事が解決できるのでは無いでしょうか。
日本の選手にももっと受けてもらいたいですね。

写真は、NFLEの時に撮ったものです。
a0021482_0405993.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-08-18 00:35 | Diary

Guam Trip

休暇で、グアムに行って来ました。
家族旅行は久しぶりです。

飛行機に乗って三時間。
そこには綺麗な海に囲まれたアメリカがありました。
道の広さ、フレンドリーな島の人達、食べ物、
グアムのアメリカな雰囲気は、
自分を「帰ってきた」という感じにさせてくれました。

ショッピング、スノーケリング、シーウォーキング、
ドライブ観光、ナイトマーケット、BBQなどなど、
色々美味しい物を食べつつ、グアムを満喫して来ました。

海は、ちょっと行ったらすぐそこには熱帯魚が沢山いて、
自分も魚になった気分で泳いでいました。
あんなに綺麗な海で泳いだのは初めてです。
良い気分転換になりました!
a0021482_23461575.jpga0021482_23462666.jpga0021482_23463782.jpga0021482_23464693.jpga0021482_2347184.jpga0021482_23471778.jpga0021482_2347263.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-08-14 23:49 | Diary

LOHAS festa

スッカリブログの方で紹介するのを忘れていましたが、
昨日は、日本ロルフィング協会出展のお手伝いをしに、
ロハスフェスタに行って来ました。
内容は、ロルフィングを知ってもらおうというのと、
京都で行われるユニットIIIのクライエント集めが目的です。
詳細はこちらです。
まだ、クライエントさんを募集しています。
10シリーズを先生のスーパーバイズの元、
激安で受けられるチャンスですので、
ロルフィングに興味のある方で、
京都まで週二回平日に通う事ができる事ができる方は、是非!
この条件を満たせる方は、かなり限られてくるとは思いますが、、、。
それ故に人を集めるのが大変なんです。

晴天の中、デモワークを30分したり、芝生の上でセッションしたり、
歩き方を感じてもらったりと、色々とやっていました。
残念ながら、お店をゆっくり見る時間はありませんでしたが、
少しでも関西圏の方々にロルフィングを知って頂けたら幸いです。
雰囲気は、こんな感じで、ちょっとボルダーを思い出しました。
a0021482_14325820.jpg

a0021482_143323100.jpg

最後に、帰りの電車で見かけた広告です。
一面は透明な中に赤い輪。
ん?何か変わってるなと思って良く見ると、
一両同じ種の広告で、この赤い輪は動脈でした。
奥に行くにつれて、異物が溜まってきて、
動脈の半分が塞がれているというもの。
つまり、LDH、動脈硬化、生活習慣病への広告ですね。
なかなかインパクトありました。
a0021482_14371020.jpg

さて、今日から休暇でグアムに5日間ほど行って参ります。
[PR]

by hiroisu | 2009-08-09 14:39 | Diary

Self Image

最近、普段は買わないものを買う時に、
不思議な感覚がありました。

例えば、ピアノ椅子。
高さがかえられる椅子が必要だったので、
購入した訳ですが、その時の気分は音楽家。
売る側は、僕が何に使うか知らない訳で、
ピアノ椅子だけを買う=ピアノはすでに持っている
と考えるのが普通でしょう。
つまりは、自分はピアノを弾く人という事になります。

その時の自分の感覚は、悪くなかったです(笑)。

逆に、セージ用にライターを買う時。
僕はタバコを吸いません。
しかし、普通に考えたら、
ライターだけをコンビニで購入するという事は、
喫煙者だという事になります。

その時自分が持つ感じは、ちょっと嫌でした。

人間、知らず知らずの間に、
自分のセルフイメージというものを色々な要素から構築していて、
それを環境と照らし合わせています。
今回は、普段自分が買わないような事、
行わないような事をしたので、
そこにギャップを感じたのだと思います。

もちろん、こういったものは、
ボディイメージ(Body Image)にも影響を与えるので、
身体的に表れる事もありますよね。

少なくても、僕みたいな身体したピアニストは、
中々見かけませんから(笑)。
[PR]

by hiroisu | 2009-08-06 22:08 | Diary

Skeleton Model

激安なのを見つけた、人体骨格模型。
インターネットでオーダーしたら、次の日に着きました!
早い!

名前を考えたんですが、中国製という事もあり、
骨君と書いて、gǔ君と呼ぶ事にしました。

段ボールをあけると、ミイラのようにこんな感じで入っていました。
ちょっと痛々しい?!
a0021482_12282568.jpg


少し遊んでいたんですが、頭蓋も外れるし、
肩も股関節もキチンと動きます。
足首、骨盤周りは、もうちょっと可動性を持たせるために、
ネジをちょっと緩めてあげようと思います。

a0021482_12284326.jpg

なにはともあれ、無事、脱出。
セッションルームの番人です。
[PR]

by hiroisu | 2009-08-01 12:25 | Diary