<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Structural Integration

ロルフィングとストラクチュアル・インテグレーション(S.I.)は、同じもの。
ロルフィングは、S.I.の通称。あだ名。

a0021482_2334954.jpg
現在では、ロルフィング(Rolfing®)、
左の小さな男の子のロゴ®は登録商標で、
ロルフ・インスティテゥート(R.I.)を
卒業したものだけが使える。
つまり、ロルフィング、
ロルファーと名乗っている人達は、
R.I.を卒業した、
S.I.を行う人達だと思って頂ければ良い。

つまり、ロルフィングを受けたい(=S.I.を受けたい)けど、
ロルファーが身近にいなければ、S.I.を行っている人を探してもらえば良い。
R.I以外のS.I.の代表的な学校にギルドがあるが、ギルドで習った人の方が、
アイダ・ロルフのクラシックレシピという意味では、
そのまま忠実なケースが多い。

アイダ・ロルフの生み出したワークを行うものとしては、
ロルファーだろうが、S.I.プラクティショナーだろうが、関係ないと僕は思う。
どれだけワークで効果がでるかは、出身校の問題では無くて、
プラクティショナーの人間性と、どれだけ自分で勉強して、
経験しているかが重要だと思う。
アスレティックトレーナーも一緒。
資格をとった時点で満足している人は、自然淘汰されていくと思う。

ただ、難しいのは、トレーニング中の学生だったり、
例えば前回の長野で行われた講習会のように、
ロルフィングのコンセプトに触れた事のある人達。
特に、トレーニング中でも一度10シリーズを行った後は、
人の身体に触れる時に、どうしてもロルフィング的なタッチになってしまう。
じゃあ、そういう人達は、どう自分のテクニックを呼べば良いのか?

こういう問題は、一度公の場でルールを決めておかないと、
これから先にも問題がでてくるはず。
それこそ、ATCの場合だったら、トレーナーと呼ばないで、
アスレティックトレーナーと呼ぶことに拘り続ける事もそう。
政治的な問題にはなってきて、
僕はどうしても鬱陶しいと思ってしまうけれど、
プロフェッショナルとして確立されて、
同じような他の職種の人達と区別してもらう為には、
そういう事も必要だと思う。

ただ、ロルフィングも、ストラクチュアル・インテグレーションも、
世間一般の人達は、聞いた事もないですっていう人の方が多いのだから、
S.I.を世に知ってもらう為に、一つになって同じ方向に進めたら良いと願う。
徐々に皆に知ってもらえるように、
地道に啓蒙活動をしていく事が大事だと、僕は思う。

とりあえず、僕のブログを読んで下さっている人達には、
ロルフィング=ストラクチュアル・インテグレーションという事を、
理解して頂けたかな?
[PR]

by hiroisu | 2009-07-30 23:44 | Rolfing

Chitose

昨日から一泊二日で北海道の千歳に行っていました。

ボルダーの時に行っていたトレーニングを、
他のチームの方が興味を持ってくれて、
今回はそれが目的で行って来ました。
実は、僕は北海道は初です!
北海道は、会いたい友人が数人いるのになぁ、、、
と思いつつも、相変わらずのビジネストリップ(苦笑)。

a0021482_22122499.jpg
まず驚いたのは、久しぶりに乗った、日本の国内線。
写真のような感じでチケットを手配して頂き、
出発時刻の15分前にセキュリティを通って、
10分前に乗り場にいればOK。
チェックインも無し、IDチェックも無し。
チケットは二次元コードをピッとやると、
セキュリティを通った時にはゲートナンバー、
飛行機に乗る時には座席番号がプリントされて、
とても便利でした。
この素早さ、時間の正確さ、アメリカでは無理ですね。
ただ、チケットは僕が買った訳では無いし、
IDもチェックされなかったので、
僕以外の人物が飛行機に乗る事も簡単だなぁ、
と思いました。

a0021482_22123744.jpg

千歳は空港とホテル、近くのジム、広場にしか行っていませんが、
涼しくて、緑も多くて、長野に引き続き、良い避暑地でした。
今朝は選手の朝練の為に朝6時にはテコテコ散歩に行って、
一汗かいて来ました。

今回のチームは、今まで関わらせて頂いたチームよりも、
自分たちで積極的に取り組む、質問をするという感じがして、
凄く僕もやりがいがありました。
ちょっとでも選手の皆さんの刺激、
普段の疑問へのキッカケになれば嬉しいですね。

皆に10シリーズやりたいと思ったのは、言うまでもありません(笑)。

最後に、北海道の信号は雪対策で、縦!a0021482_22125090.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-07-26 22:16 | Diary

New Session Room!!

今日、靭公園近くに、
新しく自分のセッションルームをオープンしました!
感激です!

自分だけの場所なので、これから予約をいれる手間もいらないし、
予約を入れたい時間に他の人と被る心配もありません。

5月末ぐらいに探し始めて、色々歩き回り、
不動産に相談して、たまたまあったのがここです。
先週末に鍵をもらい、
講習会の準備もあってバタバタしていたので、
まだまだ殺風景なセッションルームですが、
窓からはこんな感じで靭公園の緑が見える、
良い雰囲気の所です。
是非遊びに来て下さい!!
a0021482_23142429.jpg


場所の案内はこちらです。
[PR]

by hiroisu | 2009-07-21 23:14 | Rolfing

7/20 関西講習会終了!

関西での「動きの意識革命」、終了しました。
今回で3回目(回数自体は4回目)でしたが、
毎回ちょっとずつ変化している気がします。

5時間時間を取っていたので、
たっぷり時間はあると思っていたのですが、
アッという間に終わってしまいました。
最後の30分ぐらいは質疑応答にできると思っていたのが、
その時間が無いぐらいでした。
皆さんもアッという間の5時間でした。
と言ってくれたので、楽しんで頂けたのでは無いでしょうか。

参加者の皆様は、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、ATC、
ヨガ、ピラティスのインストラクターなどなど、
様々なバックグラウンドの方々でした。

アメリカから一時帰国中の人も参加してくれたり、
遠方から出向いて下さったり、感謝感謝です。

エクササイズの際の意識を変える事で、
エクササイズの感じが変わった!
身体が楽になった!
と感じていた人も沢山いたので、
伝えたい事が多少伝わったのでは無いでしょうか。

いつもと同じですが、終わってホッと一息です。
[PR]

by hiroisu | 2009-07-21 00:06 | Workshop

Training Journal

a0021482_2323845.gif


今月号のトレーニングジャーナル
ランボペルビック特集に、私の記事が載っています。
テキサンズ時代のアプローチ方法、手技についても軽く述べているので、
興味のある方は、ご一読下さい。

私以外の記事も腰だけでは無く、身体全体をみる必要性を訴えていて、
徐々にそういった考え方は広まりつつあるんだろうなぁ、と実感しています。
4,5年前はそこまで見なかったと思うんですけどね。

編集の紀平さんとは、何回もメールでやり取りをしたので、
こうやって記事になると嬉しいですね。
かなり突っ込んだ内容の部分もあったので、苦労されたようです。
今回は、こういった形で記事にする為に準備していたというよりは、
ランボペルビックについて話しましょう!だけで、計画性は無く、
ひたすらインタビューで話し続けた内容を編集して頂いた形でした。
今度記事を載せて頂く機会があったら、もっとシンプルに、
伝わりやすい記事にしたいと思います。

記事が少しでも腰へのアプローチの幅が広がるキッカケになれば幸いです。
[PR]

by hiroisu | 2009-07-13 23:37 | Athletic Training

Ed Workshop Finished!

昨晩、長野の女神山で行われた講習会から帰って来ました。
凄く良かったです!!!

女神山ライフセンターという宿泊、
そしてワークショップを行っていた場所は、
アメリカのエサレンインスティテゥートをモデルにして作られたそうで、
別所温泉から少しいった所にあります。
http://www.megamiyama.jp/
携帯の電波も入らない場所で、周りは緑。
三食のご飯は、そこで育てられている有機野菜を使った食事。
自然を肌で感じる事が出来る場所で、
いるだけで元気になれる気がする所でした。
a0021482_1094983.jpg

a0021482_10101458.jpg

そんな、ワークショップをするには最高の環境で、
Ed Maupinというロルファー歴40年以上の先生を講師に迎えての講習会。
色々と学ぶ事が多かったし、改めて確りと道筋を示してくれた気がします。
写真でも目が優しい人だなぁ、と思っていたんですが、
本人もその通りで、本当に優しさが溢れてでている方でした。
a0021482_1015599.jpg
アシスタントのHenryとも凄く気が合い、
お風呂に入って30分以上話をしたりするのは日常的でした。
泊まっていた部屋も、二人の先輩ロルファーの方と一緒だったので、
毎晩色々な話しをしました。
交換セッションとかも色々したので、
身体が内側から綺麗になって帰ってこれた気がします。

参加者の皆さんも、
ボディワーカーとして様々な場面で活躍されている方ばかり。
本当に勉強熱心な方ばかりで、
毎日睡眠時間は4、5時間で、通訳をしているから、
本来だったらぐったり疲れていると思うのですが、
こちらも元気を分けてもらって、
全然眠いとか疲れたという感じがありませんでした。
通訳という形で関われた事で、より理解を深める事が出来たし、
普段では吸収できない事が吸収できた気がします。
今回のワークショップをオーガナイズして下さった
二人に本当に感謝しています。

と、、、
余韻に浸りながらも、少しずつ現実に引き戻されています。
a0021482_10193662.jpg
[PR]

by hiroisu | 2009-07-10 10:22 | Rolfing

Nagano Trip

明日から講習会の通訳で、
長野県の女神山という所に5日間行って来ます。

最近はアウトプットをする事の方が多かったので、
久しぶりに新しい事を学べると思ってワクワクしています。

場所も気持ち良さそうなので、良い気分転換にもなりそうです。
その間、電話、メールでの対応が遅れたらすみません。

行って来ます!
[PR]

by hiroisu | 2009-07-04 09:57 | Diary

Mid Way?

もう7月ですね。
今年も半分終わってしまいました。
10年ぶりの梅雨は蒸し暑く、立っているだけで汗がにじみでてきます。
自分ってこんなに汗っかきだったかなぁ?と思う今日このごろです。

さて、6ヵ月たって、、、
とりあえずまだ生きています(笑)。
思っていたより、順調です。
6月に入ってから、毎日何かある感じで、
時間に追われている生活の日が多いです。
充実しているって、とてもありがたい事です。

セッション中の感覚も、
幸い毎日のように身体に触らさせてもらっているので、
ドンドン良くなっています。

最近ちょっとレベルがあがったな、と思うのは、
前までは左右の繋がりをみた時に、
「こちらの方が悪い」
という感覚で終わっていたのが、
「ここが原因でこちら側の繋がりが悪い」
と明確になってきた所です。

具体的な例でいうと、足から身体の左右の繋がりをみている時に、
「右の股関節と左の仙腸関節で繋がりが悪い」
といった感じです。
スキャンもすると、大概同じ所です。

その感覚が向上したのと共に、実際にワークをしている時も、
身体の繋がりや別の場所のリリースを感じやすくなりました。
例えば、立方骨の位置を治してる時に、
内転筋のリリースを感じたりといった具合です。
あの足や腕が伸びてくる感覚は楽しいですねぇ〜。

それと、ストレッチの授業、スポーツ医学の授業などで、
その場でちょっと診るという機会が多いんですが、
かなり短時間(5分以下)で、改善できるケースが多いです。
触った瞬間の判断力と、
正しい状態まで持っていくプロセスが早くなったからだと思います。
それと、これはもっと時間がかかるというのも分かるようになって来ました。
構造的異常が、その部位だけでは無いから、
ある程度の状態になるまで時間がかかるな、という感じです。
生徒は、何をされたか分からないけど、
痛くなくなった、軽くなったといって、
興奮しています(笑)。

論理的に理解するのが難しいのもあり、
初めの頃は曖昧だった感覚が、
最近はこのテクニックで大丈夫だ!
という風に自信が持てるようになったのも大きいのでしょう。
ちなみに、タッチの質としては、
Indirect(間接的)テクニック、
またはMotility(自動的?)タッチと呼ばれるものになるようです。
しかし、SourcePointを使うようになってからより敏感になったので、
エナジェクティックな要素もあると思います。
「つまる」
という感覚は、構造的におかしいというのもありますが、
構造以外のものを感じている感覚がする時も多いです。
基本的には触れて、位置が悪い骨や筋膜を、
身体の行きたい方向にもっていってあげる事で、
正しい位置にしてあげる感じです。
もちろん、その時々で、より直接的なタッチになったり、
無理矢理押し込むようになる時もありますけどね。

最近は、そういうタッチを知らない人が、
身体の悪い場所、行きたい方向というものを実際に感じられるのかという事と、
どういった風に伝えるのが一番分かりやすいか、考えたりしてます。
初めはロルフィング的なコンセプトが邪魔になって、
局所的アプローチをする現場では中々使えないと思っていたんですが、
局所的にやっても根本的な構造が整って行く事で、
結局全体が整う事になるし、かなり即効性があるので、
ATなどの現場でも使えるなぁ、と改めて考え直しています。
少しずつに形にしていきたいですね。

と、そんな感じで前より少し自信を持てつつも、
まだまだ学ぶ事が沢山あるのと、自分の伸びしろがある事を痛感しています。
これでもう限界という感じは全く無く、
まだまだ上が見えているのが、楽しい所であります。
これからスキルアップしていく為にも、
もっと充実するようにしていきたいですね。
[PR]

by hiroisu | 2009-07-01 23:18 | Diary