<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Denver Internship XVI

僕は、Denver Internship XIVの卒業者です。
この春からも一つInternshipが始まり、
先週末から、新たにXVIが始まった訳です。
Internshipというと、良く分かりませんが、
ようは、MAT Specialistになる為のコースの事です。

僕は日本人一人だったんですが、
今回のInternshipには、友人二人が参加しています。
一人は、僕の元に連絡を取ってくれて、
数ヶ月前に実際MATを受けに来たATC。
もう一人は、僕のISU繋がりの友人ATCです。
そう、二人共ATCなんですね。

そんな訳で、
土曜日の夕方にデンバーのInternshipが行われるホテルに行って、
皆で食事に行って来ました。
二人共、2日間だけなのに、質問一杯(笑)。

僕も丁度去年の今ごろはじまって、
色々と疑問があったのを覚えています。
うーん、一年、早いもんだ。

日本人MATCSは、まだ少ししかいないので、
中々日本人同士でこういったMAT Talkは出来無いので、
楽しい一時でした。
AT話も勿論しましたしね。

二人共、頑張ってもらいたいです。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-29 08:08 | MAT

Beavs Upset!!!!

今日は木曜日。
ESPN College Footballの中継は、
Oregon State University vs. No1 USC!
No.1というのは、USCはランキングで現在全米No.1という事です。

場所は、OSU、そう、我が母校、Corvallisです。
スタジアムは見渡す限りオレンジ!
Head ATのBarneyも未だ健在で、TVにバッチリ写っていました。
うーん、懐かしい!

僕もOSUのトレーナーを引っ張りだして応援(笑)。

1st Half終了して、OSUが21-0!!!!
これはひょっとしてひょっとするのかー?
でも、USCだし、2nd Halfに追い返してくるんだろう、、、
と思っていました。

その通り、2nd HalfにUSCは巻き返して来ますが、
大事な所でOSUがInterception!

テレビの前で踊り狂って、叫んでました(笑)。

そして、なななな、なんと!
Beavers、27-21で勝利!

二年前にOSUがUSCを破った時にも驚きましたが、
今日はそれ以上!

いやー、興奮しました。
これで2-2。
これから盛り返してもらいたいもんです。

Go Beavers!!!
[PR]

by hiroisu | 2008-09-25 22:33 | Diary

Knowing vs. Understanding

a0021482_23473089.jpg


Foot Function Class、終了しました。
面白かったです。
また新しいアイディアが一杯浮かんで来ました。

とりあえず、3日間ひたすら足の事を考えていたので、
大分スッキリして来ました。

でも、今回のa-ha- momentは、
知っているのと、理解しているのとでは、
全然違うなぁ、、、という事ですね。

一般には、足首、Ankle Jointと呼ばれる関節も、
Talocrural Joint、Subtalar Jointの二つで機能しているというのは、
OSUの時にも散々やりました。
Axis of RotationがOblique Axisなのもやっていて、
だからTriplanar Motionなんだよ~っていうのも、聞きました。

今回、Talocrural JointのAxis of Rotationは、
Sagittal Planeから82°、Frontal Planeからは20°と教わりました。
そこまでは、情報としては、Undergradの時にも習っていたはずなんです。
つまり、知ってはいたんです。

さて、ここでちょっとAxisのおさらい。
a0021482_0135326.jpg


Sagittal Planeから90°だと、
Horizontal (Mediolateral) Axisになって、
True Flexion/Extensionの動きが行われます。

Frontal Planeも同じで、Frontal Planeから90°だと、
Horizontal (Anteroposterior) Axisになって、
True Ab/Adductionが行われます。

逆に、Sagittal/Frontal Planeから0°、
つまりは、Transverse Planeから90°の場合、
Vertical (Superoinferior) Axisになって、
True Internal/External Rotationが行われます。

これも、散々UndergradのKinesiologyで習いました。
つまり、これも知っている情報なんです。

でも、今までそれを一緒に考えた事が無かったんですね。。。

だぁ~~~~!!!!!

つまり、Sagittal、Frontal、Transverse Planeから、
それぞれ45°だったら、全ての動きが均等に行われる訳です。
例として、Sagittal Planeから45°だと、Transverse Planeからも45°なので、
Flexionした際にはInternal Rotation(これはAxisの向きによりますが、、、)、
Extensionした際には、External Rotationが、1対1の関係で行われる訳です。
Sagittalから30°の場合、Transeverseから60°なので、
1対2の割合になる訳です。

今まで、三つのPlaneはもちろん知っていたんですけど、
その関係を考えた事が無かったんです。
Sagittal、Frontal、Transverse Plane、
それぞれ90°の関係なんですけど、
Sagittal、Frontalは、Vertical、
TransverseはHorizontalなんですよね。
つまり、Transverse Planeから、1°でもAxisがずれた時点で、
回旋運動が発生するからじゃん!
という事に気付き、一人でエキサイトしていました。
だーから体は回旋しながら動くんだな、、、と改めて納得(笑)。

そして、そうやってAxisを見ていくと、
なぜTarocrural Jointでは、Planter/Dorsiflesionの方が
Inversion/Eversionより行われ、
Subtalar Jointでは、Inversion/Eversion、Abduction/Adductionが、
ほぼ同じ割合で行われるのかも理解出来ました。

まぁ、Engineerの人達には、当たり前のコンセプトなんでしょうけどね。。。

そう、、、知っているだけでは駄目なんです。
ちゃんと理解して初めて応用も出来るし、
使えるようになるんですよね。。。

理解しておくと、考えて、論理的に答えを導き出せるので、
丸暗記する必要も無くなります。

何はともかく、、、完全に数学でした。
中学、高校である程度数学を勉強しておいて良かった(笑)。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-22 08:46 | MAT

Advance Foot Function

今週末は、MATのAdvance Foot Functionです。
その名の通り、Foot!足ですね。

Internshipでも足のテストは習いますが、
今回のWorkshopでは、Mechanics、ROMと、
さらに突っ込んでやって行きます。

Supination(回外)、Pronation(回内)と言っても、
各運動軸によって、動きが変わってくるので、
ややこしいです。。。
足!と一言に言っても、一杯関節がありますから、、、。

一般に言われるPronated Foot(扁平足)でも、
Closed Chainの時に各関節を見ていくと、
実はSupinationしている関節もあったりします。

大学院でもやったし、
この前の、Rolfing Annual Meetingの時の、
Micheal Salvesonの時にもやりましたよ。
カパンディも何回読んだ事か、、、。

それでも、ややこしいものはややこしいんです。
でも、やはりやればやるほど、繋がり、関係が明確になります。
まぁ、そんな訳で、昨日今日は、
足のモデルを手にしつつ、脳ミソフル回転。

今日、久しぶりにSubtalar Neutralを、Weight Bearingで見つけて、
かなり自分の思っていた感覚と違う事を知りました。
そんな訳で、ちょっとその感覚で遊んでいます。
この辺は、Rolferだから出来る裏技(笑)。
ん?マニアックすぎるか???

今日の後半から、実際にROMをテストして、
筋肉もテスト、治療も始めたので、
明日本格的にどうなるか楽しみです。

これは、MAT Internshipが終わった人のみ
参加できるクラスの良い所ですね(笑)。

今日、早くも僕のパートナーは、
20°ぐらい制限があった背屈が改善されました。
前と後の差にビックリです。

やっぱり面白いよなぁ。
でも、MAT Specialistは、
姿勢の悪い人が多いのが気になるね(笑)。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-20 18:52 | MAT

Functional/Core Exercises

先週で、この夏お世話になっていた実業団チームとの仕事が終わりました。

一つのチームとは、週に一回、
治療という形で、Rolfing的に一人一時間かけて、四人。

もう一つのチームは、週に二回、
Functional Exerciseを行っていました。
Exerciseの内容は、コア、臀部を中心に、
PESとTexans時代に使っていたルーティーンに、
MATとRolfingのスパイスをちょっと加えたもの。
まだまだ色々な要素を入れて行く事が出来ると思いますが、
今の時点では、それなりの物になったかと。。。

僕が飽きっぽいのもあって、
大体3回ぐらいやった後は、
ちょっとずつエクササイズプログレッションで、
内容を変えていたんですが、
20弱のエクササイズを基本に、約一時間、
結局計12回見る事が出来ました。

色々面白いな、という事があったので報告。

まず、基本的に走力と、
エクササイズを行う時のフォーム、
所謂コアの強さなどは比例している。
これは、Athletes' Performanceなどからも、
報告されている事ではありますが、
実際に見て、やっぱりそうなんだね、という所があります。
つまりは、そういった基本動作が出来るようになる事で、
走力アップにもつながってくるはずです。

ただし、走力はあるのに、
エクササイズが駄目な子もいます。
そういう子は、大体左右のバランスが悪い、
またはすでに身体のどこかに問題がある。
つまり、今は走れているかも知れないけど、
怪我につながったりする可能性が高いという事ですね。
本来、そういう子に軽くMATでバランスを整えてからやれると、
さらに良いと思うんですけどね。

ただ、エクササイズの前、後で可動域を比べた際に、
左右のバランスがエクササイズの後には整っていたし、
可動域も広がっていました。
これは、MAT Specialist的には、ほーう、という感じです。
エクササイズした後に、左右差が広がっていたら、
エクササイズ中により左右差を作っているようなものですから、、、。
それじゃ、本末転倒なんで、この結果は驚くと共に、ホッとしました。
でもまぁ、スペシフィックな可動域では無く、
前屈、立ったままの体幹の回旋などなので、
代償運動も起こりやすいし、かなり大雑把なものなので、
もっと細かく見て行く必要もありますけどね。

そして最後に一番大事なのが、
コーチが実際に選手の走りが変わったのを練習中に見れて、
この夏にこのエクササイズをやって良かったと言ってくれた事です。

何はともあれ、それなりに効果が出て良かったです。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-16 10:38 | Athletic Training

MAT as evaluation

MATは、可動域と筋力をテストするテクニックですが、
MATを知ることで、ATC的には評価にも使えます。

この夏に、二人足部の痛みがあるランナーを見ました。
まずコーチが心配するのは、疲労骨折。
評価の際には、場所的なもの、触診などで疲労骨折の可能性を探る訳です。
チームで働いているATCだったら、そこで骨折の疑いがある場合、
レントゲン、またはCAT Scanという流れになるでしょう。

しかし、日本の実業団でこちらに来ているチームの場合、
そういう訳には行きません。

そこで、もう一つのアプローチ。
MATでまわりの筋肉の機能を向上させて、どう痛みが変わるか診る。
それで痛みが減少した場合には、
筋肉から来る問題だという可能性が高くなりますよね。

後は、触診のレベルも上がるので、骨の触診をした時に、
それが筋の付着部なのか、骨と骨の間の靭帯なのか、
骨なのかもより分かるようになります。

自分的には、疲労骨折やシンスプリントなどの問題は、
基本的に筋の働きが悪くなって起こる問題だと思っています。
オーバーユーズ系の問題は、
使いすぎ→特定の筋肉シャットダウン→
バイオメカニクスの崩れ→骨や骨膜へのオーバーストレス
という流れだと思いますから。。。

さて、では疲労骨折がある際にも、筋機能が向上したら、
痛みが減る事はあるのか?
という疑問があると思います。

僕は、あると思います。
極端な話、疲労骨折していても、まわりの筋肉が確り働いていて、
痛みが出ないのであれば、そのまま練習を続けても大丈夫だとも思います。
疲労骨折のある部位にストレスがかからない状態を作ってあげたら、
動いている方が治りは早い訳ですから。
もちろんこのようなケースの場合、
コンスタントにMAT Specialistが筋力をチェックしなければいけませんけどね。

そんな訳で、ATCとしてMATを知っていると、
かなり強い武器だなぁ、と思います。

今ふと考えたら、日本人でATC+MAT Specialistなのってまだ僕だけなんですね。
今度のInternshipには、
二人日本人ATCがMAT Internshipに参加する事になっています。
これからもっと増えて来ると面白いだろうなぁ~。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-12 11:33 | MAT

Foo Fighters Live!

昨晩、待ちに待った、
Foo FightersのLive Showに行って来ました。
チケットを購入したのは、3月!
本来は、7月にコンサートがある予定だったんですが、
Vocal Daveの声が出なくなった為、延期(泣)。
前回、Evanescenceは、グループが風邪でチャンセルだったので、
コンサート運はあまり良く無いのかも知れないですね、、、。

Foo FightersのLiveには、大学時代から行きたいと思っていました。
今まで行くチャンスが無かったんで、ついに!という感じですね。
本当に、この日を楽しみにしていました。

場所は、Smashing PumpkinsのLiveの際にも行った、
Red Rock Amphitheater。
相変わらず、綺麗な所でした。

Liveの内容も、最高でした。
彼らのツアーが終わりに近づいているのと、
7月のLiveを延期しなければ行けなかった事を仕切りに言っていて、
その分、Extraでプレイしてくれた気がします。
Talkも良かった(笑)。
8時半に始まり、車に戻ったのが、11時半!
軽く二時間半はあったと思います。

やっぱり、Liveは良いねぇ。
a0021482_1295035.jpg

a0021482_1302284.jpg
[PR]

by hiroisu | 2008-09-10 10:17 | Diary

Fivefingers

靴にはかなりうるさい自分ですが、
今回は、VibramのFivefingersをついに購入!

前から興味はあったんですが、
Running Shoesを買ったばっかりだったり、
Feelmaxという、裸足感覚の靴も持っていたので、
今まで待っていました。

Feelmax、確かに裸足感覚なんですが、
あまりにソールが薄すぎて、早くも破れてしまったんです。。。
ヨーロッパから友人にワザワザ送ってもらったのに(泣)。

もう一つ、裸足感覚、足をトレーニングするというものに、
Nike Freeもあり、他の靴よりは気に入っていますが、
それでもLateral Archが結構無理やり作られる感じがあります。

そして、今回のVibram Fivefingers!
靴屋で試着したものの、欲しいデザインとサイズが無かったので、
オンラインで注文して、今日届きました。
a0021482_4233960.jpg


その名の通り、5本指の靴下のように、
この靴は足の指を分けて入れれるように出来ています。
ちなみに、MAT Specialistはこれを持っている人が多いです。
普通の靴をずっと履いていると、足の筋肉が使われなくなって、萎縮していくので、、、。

この靴は足のトレーニング、裸足感覚が売りで、
2007年には、Time Magazineにも取り上げられています。

履き心地、良いです。
気に入りました。
石の上を歩いても、ソールが確りしているので、痛く無いし、
それだけサポートがあるにも関わらず、歩く感覚はかなり素足に近いです。
そんな訳で、機能的にはかなり気に入りました。

ただ、見た目はこんななので、カジュアルというよりは、
アウトドアアクティビティ、トレーニングの時にしか履けないのが難点ですが(苦笑)。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-08 13:18 | Diary

NFL NFL NFL

ついに本格的に開幕しました、NFL!
木曜日の夜もチラチラみましたが、
今日は本格的にテレビとコンピューターの前でNFLを追っていました。

テレビでPatriots vs. Chiefs戦を見つつ、
TexansはNFL.comのGame Centerで応援。

Texansは、完敗でした。
Steelers、強いね。
でも、Mario Williamsは早くも2 sacksです。
試合が決まってたとはいえ、4th Quaterの最後に、
Offenceが少し機能しだしていたんで、
次回の試合に向けて準備してくれる事に期待しましょう。
何か、久しぶりに落ち込んだなぁ、、、(苦笑)。

Patriots戦では、Tom Bradyが怪我で退場してしまいました。
後のニュースで、彼は今シーズン絶望だという事です。
一つのプレイで、シーズンが終わってしまう。
やはりNFL、Footballは怖いですね。
Fieldでは、Doctor(またはATC)がLachman Testをしていたので、
多分Torn ACLでしょう。
ま、膝で他の怪我だったら、シーズン絶望だという事にもならないでしょうし。
128試合連続でプレーしていた彼の怪我、
Patriotsは憎いですが、彼のプレーを見るのは好きなので、残念です。

明日は、Monday night football。
Double Headerで、両方共面白そうなマッチアップなので、
明日の夜もフットボール漬けですかね。
[PR]

by hiroisu | 2008-09-08 12:52 | Diary