<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

My eyes are heavy,,,

前回みたいな重めな書き込みの後に、数日空いてましたね。
PCは使っていたんですけど、
PC使いすぎで、ブログの存在を忘れていたという感じです。

今、丁度時間もあるので、
ロルフィングとMATの説明をウェブにアップしよう!
と思い立ったんです。
それで、まずはWORDにまとめだしたんですが、
この作業が中々進まない。

小難しい言葉とかを説明する際に、
キチンと言葉の意味を理解しないで使うのが嫌な僕は、
そこから色々調べだしたりして、
論文書いている気分になってきました(苦笑)。

日本語って難しい。
英語で調べてから、それを自分で日本語にした方が良い時もあったり。
どう考えても、誤訳とか、間違ってるだろ?
っていうのもウェブを見てると結構あったり。
そして、簡潔かつ分かりやすく文章で説明するのは難しい。

まぁ、でもこれは今後人に説明する際にも、
自分の中でAT、Rolfing、MATを確り理解するにも、
良い事だと思います。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-28 16:35 | Diary

Gap

日本で感じた事。
それは、今まで以上の溝。

日本で感じた時には、あえて書かなかった。
ちょっと時間を置いて、整理というか、
自分の中で落ち着かせたかった。

溝とは、ギャップの事。

それは、自分と世間様。
それは、自分と日本のトレーナー陣。
それは、自分とATC、ATS。

自分が目指しているモノ、
自分が思っていた基準、
自分のレベル、
色々なモノを再確認したとも言える。

そのギャップ、
このままさらに広げていく方が、
縮めるより楽。

後ろを振り返って、
追いついてくるのを待ったり、
手助けしてるより、
一人でたったか、
目的地に走っていった方が楽なんだよね。

でも、
自分一人で走ってても、
きっと達成感は自己満足でしか無いし、
ゴールはドンドン先に行くだけなんだよね。

その先に待っているのは、
何だろう?
孤独感?

色々な人と共感、
同じ志を持つ人達と勉強したりする方が、
僕には魅力的に思える。

その為のアイディアは一杯。
先の事を考えるとワクワクする。
彼、彼女を誘って、
一緒にこんな事やってみたいなぁ、
なんて勝手に考えてる時もある。

しかし、
今出来る事、
やらなきゃいけない事は、
とっても地味な作業。

でも、
考えてるだけで、
行動しなかったら、
何も始まらない。

千里の道も一歩から。
ボチボチやっていきますか。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-25 10:06 | Diary

Upper Extremity - Some Ideas

さて、先週末のMATで脳ミソは若干上半身に移り気味(笑)。
最近、下半身から骨盤周りについて考えている事の方が多かったので、
良い傾向といえば良い傾向かも知れないですね。

前まで、野球で良く使う肩甲骨まわりのエクササイズに、
MATでのアプローチと、
Anatomy Trainsのコンセプトも加えて、
人体実験してます(笑)。

良い感じ。
今まで、何となく分かったつもりでやってたのが、
頭の中で確実に繋がりが出来上がって来ました。
肩甲骨周り、ローテーターカフの為の、
ちょっと凝ったエクササイズルーティーンでも考えてみようかな。
上半身は手先がオープンだから、
キネティックチェインを下半身ほど考慮しなくて良いし、
考えやすいんです。

ところで、今まであんまり気にした事無かったんですけど、
今回はっとした事。
上腕骨外旋と肩甲骨内転、
上腕骨内旋と肩甲骨外転の動きは、
ペアになる場合が多いという事。

つまり、肩甲骨内転筋を短くしたい時は、
上腕骨は外旋位の方が良いって事。

それと、基本的に肩甲骨の動きは、
肩甲骨内転 + 下方回旋、
肩甲骨外転 + 上方回旋がペア。

そうやって考えて行くと、肩甲骨周囲筋を刺激したい時に、
どういう位置に腕を持っていった方がより効果があるかが、
よりスペシフィックに考えられるようになったり。

後は、体の中のレイヤーで繋がりを考えています。
今日は肩甲挙筋と、上腕三頭筋長頭の付着部が、
下方回旋の時にフォースカップルになるように、
丁度肩甲骨の対極についてるなぁ~、
なんて、今まで注目した事が無い事を発見してみたり。

こうやって上半身の事も考え出すと、
より体の繋がりが理解出来る気もします。
例えば、
僧帽筋がT12に付着してるって事は、
大腰筋と僧帽筋が、T12の前後のバランスを整えてる可能性もあるなぁ、とか。

ま、こうやって書き出したら、終わらないので、
そろそろ終わりにします。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-24 11:12 | Athletic Training

Upper Extremity

上肢、終了しました。

時差ぼけなのか、
夜9時には、眠気に耐えられなくなって寝て、
夜中は1時、3時と何回も目が覚めてました。
朝6時起床だから、9時に寝たら、9時間寝れる!
という僕の計画、完璧なはずだったのに、
肝心の体がそれを遂行してくれませんでした(苦笑)。

いつも、MATのWorkshopの為に、
ロンドン、日本から飛んで来ているクラスメイト。
そして、オーストラリア人で、二ヶ月に一回はオーストラリアに帰るという人。
皆大変なんだろうなぁ、、、と思います。
移動費だけで、どれだけかかっている事やら。
それをセーブできるという事を考えると、
ボルダーにいる僕はかなりラッキーだと思います。
こうやって書くと、MATって結構World Wideだよね。

上肢の触診は、下肢より楽だった気がします。
自分でも結構触るし、肩周りは野球の時にも相当やってるしね。
棘下筋は痛かったぁ(泣)。
ずーん、と脳天に響いてくる圧痛がありました。
自分、右肩、右肘は、やっぱり問題が結構あります。
肘が完全に伸びない時に、
肘筋を触診、アクティベートする事で、
ROMが回復するのって、当たり前のようで、
実際に目の当たりにすると、不思議な気がします。
ISUの時、肘の術後に伸展のROMが制限されていた選手を思い出しました。

ちなみに、僕は早起きだった割には、
そうでもなかったですが、
今回は土、日ともミッチリ触診、
そして筋テストのオンパレードだったので、
最後の方はボーっとしている人達が多かったです。
これを、英語だと
ボーっとしてる事をSpace out、
脳ミソが爆発しそう、もう新しい情報は入らないような状態の事を、
My brain is fried、
とか良く言うんですが、
結構笑えます。

僕が患者役で、
「はい、ここからだよね~」
ってテストのポジションで待ってると、
「何やってるの?」
みたいになる訳です。

「おい、お前今の説明聞いてなかったのかよ!」
という事になり、
"Oh,,, I was so spaced out... My brain is fried already."
という感じで使うんですね。

おかげで、やたらと教える羽目に。
僕は教える為にここに来てるんじゃないんですけど?!
自分も最後の方になって結構疲れてるのに、
手取り足取り、触診する場所とか、
ランドマークを全て教えてあげ、
さらに、痛い場所を触診される。。。
なのに彼は、昔手術したから、自分には触診しないでね。
という始末。
Give & No Takeですかい!(怒)
彼は、筋肉の起始、停止、ランドマークの触診の仕方も全然わかって無いのに、
勉強、練習しようともしないし、大丈夫なのかねぇ?
ま、もう二度と彼とペアーになる事は無いでしょう(一刀両断)。

何はともあれ、、、
週末でスッカリ英語、勉強用の脳ミソに変わりました。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-20 07:51 | MAT

Motivation ↓ → ↑

さて、ボルダーに戻って来てから、
やる気なーい感じでした。

あー、これをやらなきゃなぁ。
これも出来れば進めたい。
などなど、頭で考えるものの、
行動に移す気にならず。

中途半端に行動開始しても、
どうせ週末のMATで中断されるから、
時差ぼけ直しの為に使おう!
と、
2日間はちょっと復習した以外は、
得にこれといった事はせず。
外に出たら、寒いし、モチベーションはかなり低かったです。

今日はMATでした。
今日はコンセプトの復習って感じで、
前回聞いた事と同じ様な話を聞いていた訳ですが、
それでも時々新しいアイディアが湧いて来たり。
今朝家を出る時には、ダルイなぁ。
という感じだったのが、帰りは活動開始モードになっていました。

久々に知ってる顔に会って、近況報告しあうのも、刺激になりました。

ただ、時差ボケなのか、やたら眠い!
そんな訳で、今日は早寝して、明日からまた新しい事吸収してきます!
[PR]

by hiroisu | 2008-01-19 11:14 | Diary

Back in Boulder!!

ながーーーい、1月15日は続いています。
無事にボルダーに戻って来ました。
下手に日本に慣れたせいか、アメリカがでかく感じます(笑)。
人が大きいのもそうですが、
アパートも、あれ?こんなに大きかったっけ?
みたいな。
自分が縮んだ気すらします。

後は、やはりサービスの悪さ!
シャトルバスに乗る時の対応とか、
あぁ、アメリカに戻って来た、、、。
という感じがします。
慣れたものとは言え、やはり日本から帰ってくると、
いつも感じますねぇ。

さて、今回も飛行機の中で面白い出会いがありました。
運命のめぐり合わせというか、縁というか。。。
おかげで、9時間のフライトがアッという間に感じられました。
SFからデンバー間は爆睡していたし、
今回の帰国は結構楽な方だったかな。

ボルダーは、
日本よりは寒いですが、それ程、超寒い!
という感じはありませんでした。
しかし、今晩は-10度(華氏)ぐらいまで冷え込んで、
雪が積もる予想なようです。
良い時に帰ってきたもんだ、、、。
暖かくして寝ようと思います。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-15 21:15 | Diary

Going home

さて、長いようで短い(これはいつもですね)、
日本滞在も今日で終わりです。
明日、ボルダーに戻ります。

今回も、色々移動したし、精力的に動いていました。
色々な人に結構セッションが出来たので、
それも良かったな。
初体験な事も結構あり、刺激的でした。
12月前半のイベントは、もう遠い昔のような気がします。
そして珍しく、この短期間で風邪を二回もひきました、、、(汗)。

まぁ、帰って来る前に思っていた事は大体網羅出来たし、
仕事関係も、今日で全て無事終了して、一安心です。
今回の帰国で、改めて今後の方向性が決まりました。

今の所、日本は居心地が良いですが、ボルダーで一人の時間、
作業の出来る時間がある環境に戻るのが嬉しい自分もいます。
なんだかんだで、1月後半、2月、3月にも予定は入りつつあり、忙しくなりそうです。

では、また次回はボルダーから!
[PR]

by hiroisu | 2008-01-14 22:21 | Diary

Professional

昨晩、NHKの番組、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。
前回はイチロー選手で、それは奈良で見て、
昨晩は、寿司職人の小野二郎さんでした。

二人共、その道のプロです。
職人です。
二人を見て、共通する部分が多いな、と思いました。
まずは、人の為では無く、自分の為に、
まだ何か向上、改善する事は無いかと、
常日頃から探求、模索しているという事。

回りから見たら、何でそこまでやるの?
という風に思えても、本人が満足していないし、
本人が改善の余地があると思っているので、
それに向かって本人は突き進んで行けば良い訳です。

これは、スポーツ心理学の時にもやりました。
相手と競争している人は、相手を倒してしまったらそこで満足してしまいますが、
自分を満足させる為、自分の向上の為に行っていたら、
回りは関係無くなりますからね。
ストイックに上を目指していたら、
回りより頭一個、二個飛び出していた、
なんて事もあるんでしょう。

小野さんは、83歳で現役!
姿勢も良く、寿司を握る手は、
とても83歳の方の手とは思えない張りと艶がありました。
彼の拘り、試行錯誤、気配り、心遣いから出来たもの。
うーーーん、プロだ!
と思わざるを得ませんでした。

自分もとことん突っ込んでやる所、
現状に満足する事なく、常に向上心を持って、改善できる所を探している事、
何より、考え方が似ているので、
やっぱり職人向きかもな、なーんて改めて思ってみました(笑)。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-09 12:16 | Diary

Short Trip & Workshop

新年早々、移動してきました。
今年も色々な所を移動する年になるのかな?

二日から、奈良の実家に行き、
そこから三日は父側の親戚と、滋賀の温泉へ。
久しぶりにゆっくり温泉に浸かって、
美味しい料理を頂きました。
お婆ちゃんと旅行に行けるのも、もう数少ないと思うので、
今回、一緒にいけたのは良かったな。

四日に一度奈良に戻ってから、東京へ。
五日、六日に、ワークショップに参加してきました。
理学療法士向けのワークショップだったんですが、
講師は、RolferのThomas Myers。
Anatomy Trainsのコンセプトは、日本の理学療法界でもじょじょに広まっているらしく、
彼の功績は凄いものがあると思います。
Structural Integrationと一般医療の垣根を、
一つなくす事に成功したと言っても良いのではないでしょうか。
講義の中でも、Rolfer的な内容がいくつもあり、
僕にはもう珍しい事では無くなっていましたが、
理学療法士の人たち、またはそれ以外の医療関係者に、
そういった内容が広まっていってくれるのは、良い事だと思いました。

Rolfing、structural integrationでは、独特の身体、人の見方をするので、
時として受け入れられ難い時もありますが、
彼のように論理的に解説してくれると、
頭でっかちな人たちももっと興味を持つようになるのでは?

僕も、ここにもっとAthletic Training的な要素というか、
部位的に治療に近いアプローチの方法、
筋膜、その他の部分を加えていったら、
全然講習会が出来るな、と改めて思いました。

今回の日本滞在中の移動は以上!
後は西宮を拠点に、関西にいる友人に会ったり、
仕事を軽くして、ボルダーに戻ります。
[PR]

by hiroisu | 2008-01-07 11:58 | Diary

Happy New Year!

明けましておめでとうございます!
日本での年越しは久しぶり。
だったんですが、
あまり感動も無く、気がついたら2008年になってしまいました(笑)。

昨年、年が明けた時には、
充電したい!という気持ちが強く、
エネルギー不足な感があったんですが、
今は早く活動したい!という気持ちになっています。

今年も、変化の年になるんでしょう。
とりあえず、4月でCertified Rolferに。
そして6月にはMuscle Activation Techniqueの方も終了しているはずです。
そこまで、自分でレールができているので、楽勝ですね。
その間にも、すでにちょこちょこ予定が入っていたりして、
充実した前半期になりそうです。
精力的に活動していくつもりです。

その後も、やりたい事が色々とすでに頭の中にあるので、
時間を上手く使いつつやって行きたいですね。
とりあえず、6月に資格を取り終わり、
自分でとりあえずはここまで!
と決めた所まで辿りついた時に、
さぁ、どうなるか。
楽しみでもあります。

2008年も躍進の年になるように、切磋琢磨していきましょう!
今年も宜しくお願いします!
[PR]

by hiroisu | 2008-01-01 00:09 | Diary