<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Birthday

11月28日、自分の誕生日です。
珍しく、過去ログを読んで見たんですが、
つまらない事しか今まで書いて無いですねぇ(苦笑)。

何はともあれ、今年で26歳になりました。
年齢は自分の意思とは関係なく時と共に変わって行くので、
あまり自分が26歳だという実感はありません。
最近ますます自分の年が分からなくなって来ていますし。。。
しかし、誕生日というのは、一つの区切りの日。
僕には人生、過去を振り返って、
これからの事を考えて行く日です。

18歳の時に渡米してきて、
院を卒業するまでは目標があって、
それに向かって突き進んでいました。
将来の事を考えない事は無かったですが、
ある程度の道がそこにはあった訳です。
しかし、院を卒業した後数年は、丁度闇の真っ只中という感じでした。
もがき苦しんで、これから進むべき道を模索していました。

そして、自分でおっかなびっくり歩きだした今の道。
ロルフィングというモノを勉強すると決めて、
実際に受け、クラスも取り始める。
人の体を扱うという事で、今まで勉強して来た事の延長線にも関わらず、
ある意味渡米して来た時と同じか、
もっと新鮮で、刺激的で、変化の多い年でした。
今は、未来にある可能性を考えるだけでも興奮してきます。
これからどこに行くかは自分次第。
今は決まった目的地は無いものの、道がいくつもあって、
それがどこに続いているか分からない楽しみがあります。

良く、30歳までに自立したい、形が出来るようにしたい、
という事を聞きますが、今の僕もまさにそれです。
これから4,5年で、ある程度の経験、知識をさらに積んで行き、
30歳以降に、新しい何かが作れれば良いな、
なんて漠然と考えていたりしています。

何はともあれ、25歳は良い年だったと思います。
26歳も、良い年にします。

最後に、自分をサポートしてくれている家族、友人の皆さんに、
感謝の意を表したいと思います。
ありがとう!
[PR]

by hiroisu | 2007-11-28 00:40 | Diary

Textbook

さて、サンクスギビング気分を振り払う為にも、
今日は朝からプレゼンの準備開始。
そして、午後はカフェへ勉強に。

今日の教科書は、クラスが始まってすぐに買っていた本、

The Fasciae by Serge Paoletti

Endless Web、Anatomy Trainsにもちょっと載っていますが、
Fascia Anatomyを扱っている、
現在出版されている唯一の本と言っても過言では無い教科書です。

内容は、そうそう、ここが知りたいんだよ!
という情報満載。
Fasciaに関する情報は凄いです。
それは良いんですが、何とも理解するのが難しい本であります。
大抵理解できない本というのは、自分の知識不足なんですが、
多少は本の方にも落ち目はあるでしょう。

一番気になるのが、図がいまいちな所です。
素晴らしい図も多々あるんですが、
基本的に見辛いし、本文の内容とマッチしていない物が多い。
一冊に色々な情報を詰め込もうとしすぎて、
十分なスペースが取れなかったのかも知れませんねぇ。
Fasciaは3Dに捉えて、周りとのオリエンテーションが分からないと、
つながりとかが理解できないと思うんですが、
その肝心のオリエンテーションがかなり分かりづらいです。
UnitIIでFascia Anatomyに以前より詳しくなって、
Primal Pictureで調べまくってる自分がそう思うんですから、
全くそういう下知識が無い人には、
かなり理解不能なんでは無いでしょうか。

それと、解剖学を完全に事細かに把握していないと、
図にはそれが記されていないので、理解がキツイ所もあります。
ポイントの骨部ぐらい、載せてくれたら良いのに、、、。

まぁ、ここまでは、自分が勉強不足という事で、納得しましょう。
しかし、図中の名称が完全に間違っている所があるんです!怒
おい、ここにこの筋肉は無いだろう、、、っていう物を見つけたりすると、
もう自分が知らない、新しい情報の時も、
それをそのまま信じて良いのか分からず。。。
得に、イメージから学ぶ自分としては、図が使えないと相当痛いです。

そんな訳で、まぁ完全に理解できなくても、
大まかな所さえ分かれば良いやぁ、、、と思って読んでいたんですが、
プスプスプスプスぅ、、、
と機嫌が悪くなって来ました。
とりあえず、この本だけで理解するには、
今の僕は知識不足過ぎです。
これは、この本をガイドラインに、
自分でまとめて行くしか無いな、、、
という結論に至りました。

しかし、これはかなり壮大な計画ですねぇ(苦笑)。
気が向いたら、ボチボチやっていきますか。

最後に、この本は難解な所もありますが、やっぱりお勧めできます。
[PR]

by hiroisu | 2007-11-26 16:32 | Diary

Pearl St.

気がつけば、もう日曜日!
久しぶりに、有意義に時間を使わず、
まったり、のんびーりしていた一週間でした。
頭が、そろそろまた勉強しよーぜーっていう状態なので、
良い休養になったと思います。

そして、4年ぶりのサンクスギビングショッピングにも行って来ました。
久しぶりに新しい服とか購入して、中々楽しかったです。

さて、今日ボルダーのダウンタウン近辺、
Pearl Streetを歩いていたら、
スッカリ様子が変わっていて、
綺麗にデコレーションされていました。
丁度デジカメをもっていたので、パシャリ。
道は、素朴にこんな感じなんですが、
a0021482_1625542.jpg


こんな風に結構本格的なものもあったり。
a0021482_16254539.jpg


運転していても、クリスマスツリーを見かけるし、
街中、クリスマスの雰囲気に早代わりしてしまいました。

もうそんな時期ですねぇ。
[PR]

by hiroisu | 2007-11-25 16:20 | Diary

Snow!

一昨日まではポカポカ陽気だったのが一点して、
昨晩から雪が降り始めました。

朝起きて外を見てみると、見事に積もっていました。
久しぶりの雪にはしゃいで、
近場の湖まで歩いて行って見ると、
良い感じの風景!!
もっと寒くなったら、湖の上歩けないかなぁ~(笑)。
a0021482_15221982.jpg


車を出す際にも、
車に積もった雪をどけなければ行けなく、
インディアナ時代に購入したスコップが重宝しました。

外はかなり寒く、あまり外を歩く気がしません(苦笑)。
ウェブで天気を見ると、
現在の気温は-12℃ぐらいなようです。
これは、溶けた雪が明日には氷になりそうですねぇ。
サンクスギビングは、家でユックリNFLでも見ますかぁ。
[PR]

by hiroisu | 2007-11-21 23:16 | Diary

H mart

Han Ah Reum Asian Mart、通称H Martと呼ばれる、Asian Marketに行って来ました。
↑、韓国語です。
意味不明、、、。
周りは韓国系のレストランなどが一杯。
デンバーの南東部、Auroraという場所にあります。
中国語だったら、何となく意味分かるものの、
韓国語は、記号にしか見えないんで、何とも、、、(汗)。

H Martに行くのは、今回が初めてです。
1時間かからない場所なんですが、
近場で欲しい物が手に入っていたのと、
わざわざAuroraまで行くのも面倒だなぁ、、、というのが理由でした。
でも、最近ちょっと休日気分で、時間もある事だし、
新しい所にも行ってみよう!という事で行ってみた訳ですね。

いやぁ、でかかった。
日本食の品揃えとかがかなり良く、
色々他のAsian Marketでは買えないものも買えました。

もう二週間もしたら日本に一時帰国するにも関わらず、
色々買って来てしまいました(笑)。
サンクスギビングだというのに、日本食を食い続けそうな気すらします(苦笑)。
休みで時間もある事だし、腕を振るうか~~~!
[PR]

by hiroisu | 2007-11-20 01:43 | Diary

Unit II is over

さて、昨日でUnit IIも終了してしまいました。
長いようで短かった八週間でしょうか。。。
しかし、八週間前の事が遠い昔のように思えます。
充実していたし、毎日が濃かった事はいうまでもありません。
そして、自分が思っていた以上に色々学びました。
自分の体の事、心の事でも、また改めて新しい発見があったと思います。

クラスは、僕を含めて11人。
それと、インストラクターが2人。
今回もクラスメイトに恵まれて、
本当に良いグループでした。

ただ今は、まだ終わった実感が無いというのが本当の所ですかね。。。

a0021482_14314999.jpg

[PR]

by hiroisu | 2007-11-16 14:26 | Rolfing

Austin Toros

Cost of Parking: $0
Tickets at will-call: $0
Watching a friend working with a team: Priceless

と言う訳で昨日の夜は、無料でNBADLの試合観戦して来ました。
前回ボルダーに来た時には、まだプロセスの途中だったダイス君。
その後無事にNBADL、Austin TorosのAthletic Trainerの仕事をゲットし、
奇遇かな、初めての遠征がここボルダーでした。

そんな訳で、チケットを用意してもらい、観に行って来たわけですね。
NBADL、思ったより人が入ってなかったなぁ。
あれで大丈夫なんでしょうか(苦笑)。
初戦という事もあって、まだチームとして機能していない感じもしました。
ダイスも色々と大変そうでした。

今朝、朝食を一緒に食べる時間があったので、
少し話ししたり、状況を聞いたり。
これから、頑張ってもらいましょう。
また4月に遠征でボルダーの方に来る様なので、
その時が楽しみですね。
[PR]

by hiroisu | 2007-11-16 09:33 | Diary

Session Ten

人生初のTen Session、今日終了しました。
Session Tenは、今まで行ってきたワークの最終調整。
全身を扱い、関節などが水平になるようにバランスを整えて行きます。

受ける方は、終わってスッキリした感じがしました。
足のトラッキングがよりまっすぐになった気もしたし、
体のラインの感じも変わり、改めてアクセスできるようになりました。
二度目のTen Sessionで、また新たに体の感覚が養われたし、
新しい所にも意識が行くようになりました。

行う方は、丁寧に行えた気がします。
Session Tenでは、もう深い組織にはアプローチせず、
表面の筋膜を中心に整えて行きます。
そのプロセスが結構好きですね。

Ten Sessionを終えて、よりFirst Sessionの理解が深まる、
とIda Rolfは言ったそうですが、
本当にその通りだと思います。
違ったレベルになったというか、また一段理解が深まった気がします。

終わってしまいましたねぇ。
明日はUnitIIの最終日で、プレゼンと終了式です。
[PR]

by hiroisu | 2007-11-14 22:46 | Rolfing

Toy Shop

週末です。
今週末は、今年最後の週末っていう感覚の週末ですか。
来週でUnit IIも終わってしまうので、
その後は三月まで授業ありませーん。
週末の講演会が11月末にありますが、
皆さん、一足お先に失礼します!って感じですね。

まぁ、でも新しい本も届く予定だし、
この二ヶ月情報をひたすら入れ続けて、
復習とかをあまりしていなかったので、
時間を有効利用したいと思います。
やりたい事、勉強したい事が山ほどあるので、
まとまった時間が取れるのは嬉しいです。

何はともあれ、、、本題。
おもちゃ屋さんに行って来ました。

と、いうのも、
最後の日にプレゼンをしなくてはいけないので、
それの説明の為に使えるもの探し。
まぁ、目的の物は、風船だった訳ですが(苦笑)。
風船といっても、普通のまるーくなって浮かべて遊ぶタイプのものでは無く、
長細くて、ひねったりして動物の形にしたりできる風船をゲットして来ました。
あれは、伸縮性があるし、筋線維のモデルに良いんですね。
何本か一緒に使ったら、筋線維の方向を見るにも良いし。
都合よく、黄色、赤、白など、色違いの風船が安値で買えました。
ちなみに、僕はMuscle Spindle(筋紡錘)の説明で使うつもりです。

ところで、ボルダーのパールストリートモールを歩いていると、
その風船を使って、子供達の為に動物を作っている人達を見かけます。
皆手際よくスイスイ作っているのを見て、
僕も折角沢山買ったことだし、試してみよう、と思ったら、
膨らますだけで一苦労!
頬筋が痛くなってしまいました(汗)。
うーん、さすがプロですね。

そして、風船筋肉と共に、木製の人体模型も買って来ました。
骨盤が動かないのと、股関節のDegree of Freedomが3°じゃないのが惜しいですが、
中々いけてます(笑)。
時間が出来たら、サランラップで巻いて、
筋膜の勉強にでも使いましょうかね。
a0021482_1324217.jpg

[PR]

by hiroisu | 2007-11-11 21:10 | Diary

Neurophysiology - memo

Fiber Name:
Sensory nerves in muscle are classified according to their fiber diameters.

Fiber Group:
Sensory afferents in cutaneous nerves are classified by conduction velocities.

A-ha-
って感じです。
Nociceptorって、Type IVって書かれる事があれば、
C Fiberって書いてある事もあって、
ぐぅ、混乱するから統一してくれ~~~
って思ってたんですね。

院の時に、Fiber NameとFiber Groupで違うって事は調べたんですけど、
Fiber NameとFiber Groupの違いを今日、本を読んでいて知りました(汗)。
覚えられるようにキチンと理解しておけや!って感じですね。

同じNociceptorでも、Muscle Nerveの場合だとType IVになって、
それがCutaneous Nerveだと、C fiberになるんですね。

ちなみに、自分の頭の中をスッキリさせる為に、
余分にメモって置くと、
Muscle Spindleの場合筋肉内にあるので、
Afferent FiberはType Ia、IIとなります。
それとは別に、Efferent Fiberとしてα、γ-MNがある訳ですねぇ。

ピラミッド的には、
Peripheral Nerve
  Efferent Fiber
  Afferent Fiber
    Fiber Name (I, II, III, IV)
    Fiber Group (Aα, Aβ, Aδ, C)
って感じですか。

ちなみに、B Fiber Groupは無いのかなぁ、、、と思って調べてみたら、
BはVisceral Sensory Fiberらしいです。

何か、またちょっとクリアになりました。
[PR]

by hiroisu | 2007-11-08 21:33 | Athletic Training