<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Transformation

Jeffrey Maitlandの本、"Spacious Body"の中で、
Transformation(変化、変革など)を説明していました。

本の最後のGlossary(語彙解説)にある、
Transformationの一番最後の文を抜き取ると、

"Transformation" means "allowing-formation," i.e. allowing the way in which we become who and what we completely, freely, and truly are.

つまり、ありのままの自分を受け入れる事が、
Transformationだと言っている訳です。

ちなみに、Jeffrey Maitlandという著者は、
PhilosophyでPh.D.をもっている、Advanded Rolferであります。
(もう、これだけで興味持っちゃう人ですよね)
僕をRolfingに引きずり込んだ張本人と言っても良いでしょう。
彼の本、"Spinal Manipulation Made Simple"を、
数年前(大学院時代だったかな)に読んだ時に、
Rolfingという言葉が出ていて、そこから調べて行ったのが、
僕がRolfingを知ったきっかけでしたから。。。
今思えば、漠然とそういう事も勉強したいなぁ、、、と思い出してから、
実際に勉強するまで、三年近くかかっているんですね。

何はともあれ、ここで書きたいのは、
Transformationの事ではなく、
Jeffrey Maitlandの事でもありません。

今、Skillful Touchをやっている訳ですが、
これはRolfingとは違って、統合を目的とせず、
全身の筋膜を伸ばしていくものです。
つまり、普通のマッサージと同じような感覚で
受けれるといっても良いですね。
基本、Rolfingでも痛みの対処法としては行わないので、
Skillful Touchはもっての他です。
クラスで習った事は、全身へのアプローチ方法と、テクニック。
真面目に言われた事を聞いてしまう生徒の僕としては、
それを忠実に守っていた訳です(苦笑)。

でも、皆さんご存知のように、僕はアスレティックトレーナーな訳です。
僕達は、早く怪我を治してプレーできるようにして何ぼ、
という対極を行くような仕事です。
Rolfing、Skillful Touch、
Athletic Trainingのそれぞれを極めようとすると、
葛藤が生じる訳です。

これは、以前から分かっていた事だし、
そうなるだろうとも思っていた訳ですが、
実際に最近肌で感じています。

それと、Rolfingで全身を統合していくなら話は別ですが、
Skillful Touchで、目的も無く
ただ全身のマッサージをこなしていくだけとなると、
はっきり言ってつまらんのです(苦笑)。

つまり、Skillful Touchだけを忠実にこなしていると、
Athletic Trainerとしての自分を殺してしまう事になる。
Skillful Touchが+で、Athletic Trainingも+だと、
両方が弾け合ってしまうのです。
つまり、自分の中でAllowingしてない部分がある。
だから、葛藤が生じる。
それなら、Skillful TouchでもATの要素を入れつつ、
Rolfingで今の所知っている事も混ぜていっちゃおう、
と考えを改める事にしました。
つまり、Skillful Touch/Rolfing(+)、Athletic Training(-)で、
両方をあわせて、でっかい磁石を作っちゃえば良っか、という訳ですね。

Skillful Touch Practitionerとしては異端児になるかも知れませんが、
それが”ヒロ”の色ですからね。

考え方をちょっと変えるだけで、気持ちも体も楽になるから不思議です。
そんな訳で、ちょっとTransformationした気分な自分です。


さて、自分の話から他に移すと、今年のNFL Campには、沢山友人が参加します。
参加といっても、一人を除いては、選手では無くATですが(笑)。
その中の数人は、少なからず僕の影響もあって
NFLのCampに参加していると思うので、
そういう意味では先輩が後輩を見るような感覚がちょっとあります。
別に、自分の方が先にやったから凄いんだ、とかいう感覚ではなく、
純粋に、頑張って欲しい、色々学んで欲しいという気持ちですね。
この時期も、Transformationの時期。
僕はNFLでも大分Transformさせてもらったので、
皆も経験を受け入れて、Transformしてもらいたいですね。
[PR]

by hiroisu | 2007-07-24 10:00 | Rolfing

Summer Vacation?

月曜日にテストが終わってから、
非常にリラックスした時間を過ごしています。

とりあえず、アパートでスキルフルタッチができるようにして、
ウェブをアップしてからは、自分の為に時間を使っています。
(ブログだけでウェブはチェックしてないという人は、こちらからどうぞ)

自分の為にこれだけ時間を使える事も珍しいので、有意義に使っています。
とりあえず、Rolfing関係の本を二冊読み上げました。
英語で教科書は読むけど、本は読まない自分としては、
かなり珍しい事です(笑)。
一つは哲学的な本だったので、久々に辞書を片手に読んでいました。

その他は、自分の体と対話、
そしてボルダーの天気を楽しんでいます。
自分の体と対話と書くと、ちょっとマニアックですが、
最近また体が一段とセンシティブになってきたので、
色々試して遊んでる感じです。
ボルダーは、ドライですが、日中はかなり暑いです。

そんな生活も火曜日まで。
水曜日からはオレゴンに行く予定してます。
[PR]

by hiroisu | 2007-07-22 22:18 | Diary

Trip to Netherland!

昨日で最終テストも終了し、
本当にリラックスモードに入りました。
UnitII、UnitIIIではテストは無いらしいので、
人生で最後のテストだったかも知れませんね。
院の時にもそう思っていたのに、
またテストを受けているので、
何が起こるか分かりませんが、、、。

さて、昨日はテストが終わった後に、
昼食をクラスメート数人と食べに行き、
そのままクラスメートの一人が住んでいるNetherlandへ。
僕を含めた5人で、彼女の家に押しかけて来ました。
Netherlandというのは、Boulderから20mile弱西に行った、
山の麓にある小さな街です。
彼女の家のすぐ裏からハイキングができるので、
皆でハイキングに行って、その後は家でワイワイ。

途中、彼女の家の大家さんの子供と、
その友達も彼女の部屋に遊びに来て、
7、8歳の女の子達と遊ぶ羽目に(笑)。
僕ともう一人のクラスメートにやたらと懐いてくれて、
肩車とか、馬乗りとか、大変でした。
Parenting、本当に体力を使いますねぇ。

最後に、僕達はバーに行く事になった際に、
逃がすな~~~!
っと2人にハンモックに押さえつけられてる時の写真です(笑)。
a0021482_1472859.jpg

[PR]

by hiroisu | 2007-07-16 13:39 | Diary

Unit I is over

あっという間に6週間が過ぎ、昨日でUnit Iが終了してしまいました。
何だかんだで17人、そしてインストラクター4人、
良い関係、良いグループになったと思います。

今週は、本当に最後だ、という感覚が強くて、複雑な心境でした。

今まで色々なグループで活動、色々な人と会って来ましたが、
このグループは、記憶に残るグループになると思います。
昨日もクラスメート8人で昼食を食べに行って、
話して、笑って、と楽しい時間を過ごせました。

今週は本当に一杯笑ったなぁ~。
色々な思い出も出来ました。
また成長して会う日が楽しみですが、
別れ辛いです。

この6週間で学んだ事は、
ブログには書ききれません。
セラピストとして、人間として、
新しいドアを開けてもらったし、
物凄く成長させてもらいました。

皆良い笑顔で写っている写真が撮れたので、載せます。
a0021482_1464717.jpg

[PR]

by hiroisu | 2007-07-14 10:37 | Rolfing

Rocky Mountain National Park II

さて、二度目のRocky Mountainに行って来ました。
前回は天候不良の為に通過できなかった所も無事に通れて、
Estes Parkから、Grand Lakeまでピュ-っとドライブ。
道のりのマップはこちら

途中、世界で一番標高が高い舗装道路も通り、
標高は富士山並み!
外に出て歩くと、空気の薄さを感じました。
下は温かかったんですが、やはり山頂に行くと上着が無いと寒かったし、
未だに少し雪も残っていました。

Rocky Mountainは、その名の通り岩がゴツゴツしています。
Hikingとかをするには、Rocky Mountainは最高です。
湖とか、車では行けなくて、Hikingして行く所も多いので、
そのうちちゃんとHikingの準備して臨みたいと思います。

何はともあれ、やっぱり大自然は良い。
リフレッシュして来ました。

a0021482_024287.jpg
a0021482_025461.jpg
a0021482_03839.jpg

[PR]

by hiroisu | 2007-07-07 23:56 | Diary

Good luck, Nori!

木下典明選手事ノリが、Atlanta FalconsとFA契約しました。
http://www.nfljapan.co.jp/season/news/070704_01.html
NFLEが終了してしまって、来年以降、
日本人選手がアピールする場が今は無い状態になってしまっているので、
これは最初で最後のチャンスかも知れません。
日本人選手として、NFLのチームとFA契約するのは、彼が初めてなはず。
チームとFA契約という事は、Training Camp中は他の選手と同様、
ロスタースポットを争う事になります。
そこで、三回あるカットを逃れ、ロスターに残る事ができて初めて、
日本人初のNFL Playerと呼ぶ事ができる訳ですね。
NFLは実力主義の世界。
日本人選手だから、という事で残る事はまず無いでしょう。
特に、Falconsは今年新しいコーチという事で、
チームに必要の無い選手は、次々にカットされていくと思います。

Pre-seasonでPlayするのも凄いし、
NFLのTraining Campで凌ぎを削るだけでも凄い経験になると思います。
が、、、
NFLのSeasonとPre-seasonでは、レベルが全然違います。
Regular Seasonに、Active Roster Playerとして残って、
試合で”活躍”してもらいたいものです。

何はともあれ、怪我無く彼が全力でプレイできる事を祈ります。
頑張れ、ノリ!!!!
[PR]

by hiroisu | 2007-07-04 19:15 | Diary

Skeptical, but,,,

Unit II(9月または10月から履修するクラス)の準備の為に、
自分もRolfingの10Sessionと、
Rolf Movementと呼ばれるSessionを5回受けなければいけません。
いやぁ、結構痛い出費、、、なんですが、
それ以上に色々な経験させてもらっています。

RolfingのBasic 10 Sessionは、Houstonで受けました。
今、BoulderでRolf Movementを受けています。
昨日で三回目。
Boulderには、Rolferがめちゃくちゃ多いんです。
どうやって今のRolferの人を選んだかというと、
Instituteにあった名刺のウェブを見て、気に入ったから(笑)。
大体そういう感じの、結構適当な選び方をするんですが、
Houstonの人も当たりだったし、今回の人も当たりだと思います。
直感信じると、よい事が起こります。
前回書いたIntuitionじゃないですけどね。
二人は、まったく違うタイプなんで、違った所を学べて面白いです。

前置きが長くなりましたが、Rolf Movementでは、
え?何が起こってるの???
っていう感覚、体験をしています。
経験じゃなくて、体験です。
体のAwareness(意識、認識)を中心にSessionをすすめていくんですが、
体がTwitchしたり(ぴくぴく勝手に動く)、船酔いみたいな、
神経系の回路がオーガナイズされている感覚になったりと、、、
色々今までなかったような体験をしています。

もう一つ、今のRolferの人が使えるのが、エナジー、気。
僕は日本人ですが、特別そういう事を信じていなかったんですよ。
でも、実際に自分で感じちゃうと、うーん、、、みたいな(苦笑)。
やっぱりあるの?
今感じてるこれは何なの???
って感じですね。

何か、川だと思って小船で旅に出たら、嵐が突然来て、
太平洋のど真ん中まで一気に押し出された気分です。
360°、どこに行っても良いので、一杯チョイスがあるなぁ。
どの方向に行ったら、どこに行き着くんでしょうか?
コンパスと目的地が必要だよ(笑)。
とりあえず、今はどんな船を作って、どこに向かって進んでいくか、
じっくり考えていきたいと思います。
[PR]

by hiroisu | 2007-07-03 20:10 | Rolfing