<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Year of 2006 - Proud of Myself

今年も残す所後一日。
今朝も仕事に行って、今年も無事に無遅刻無欠席。
一年間通して大きな風邪、怪我をする事無く、
自分の責任を果たせた。
自分で良く頑張ったと思う。

今年は、アッという間だったけれど、
相変わらず濃い一年だった。
軽く振り返ってみようかな。

1月:
2006年はサンフランシスコでむかえ、
Texans vs. 49ersの試合で今年が始まる。
その後、NFLEまでTraining Roomには行っていなかったが、
NCNのVideo Presentation、NFLEのPresentationの準備。
Pre-participation Questionnaireを日本語に翻訳したりしていて、
アッという間に過ぎていく。

a0021482_3551949.jpg2月:
NFLEのTraining Campの為、一ヶ月タンパでホテル暮らし。

3月~5月:
NFLEのシーズン。
オランダのユトレヒトでホテル暮らし。
World Bowlまで行った為、
一週間ドイツで余分に働く事に。

6月~7月:
NFLEから帰ってきて二日後、Texansで働きだす。
いきなりMini-Campで、二週間みっちり働かされるものの、
この期間だけ、週末があった。

8月~12月:
a0021482_4123087.jpgSummer Training Camp、Pre-season Games、
Regular Season Games。
この4ヵ月間で、Day-Offは3日。
Camp中は、朝の6時から夜の11時まで、
トレーニングルーム。
シーズン中は、朝6時から夕方頃まで。
Texansだけですでに2000時間以上働いているので、
単純計算で200日働いているとして、
一日平均10時間以上。

試合数は、明日で今年31試合目。
College Footballだと、2シーズン半分。
大学院と同様、本来なら二年分の所を、
一年に凝縮している事になる。
計算上では、大学を卒業した後、
5年分の経験、勉強を2年半でした事に。
去年のシーズンで半分バーンアウト気味で望んだ2006年。
プロの世界にドップリつかって、色々苦しい事、辛い事もあったけど、
一杯思い出も出来たし、新しい出会いもあったし、楽しい事も沢山あった。
途中で悔しかったり、苦しかったり、ストレス溜まって、
どうして良いか分からない時期もあったけど、
終わってみたら、全ては良き思い出。
自分の経験になっているから、良しとしよう!
今年は、自分で良く頑張ったと思う。

2007年は、もうちょっと我侭に、自分の時間を作って、
自分のやりたい事をやりたいと思う。
何はともあれ、2006年、お疲れ様でした~~~。
明日の最終戦は楽しむぞ!
[PR]

by hiroisu | 2006-12-30 12:48 | Diary

College Level?

今月28日に、Texas Bowlが、ここReliant Stadiumで行われます。

そんな訳で、スタジアム内で両大学のスタッフ、選手達をチラホラ見かけます。

今日、選手と一緒にリハビリをする為にウェイトルームへ行くと、
丁度大学の選手達もリフティングしていました。
DIAの選手達ってこんなに小さかったっけ?
という印象をまずもちました。
キャンプ中にTexansに来たOSU出身の選手も、小さく見えました。
僕がOSUで働いていた時は、大きく感じたんですが、、、。
NFLEの時も、皆小さいなぁ、、、と思っていました。
これは、彼らが小さいのではなく、僕の感覚がNFL慣れしすぎていて、
おかしくなっていると考えた方が良いでしょう。
なんだかんだ、大学のトップアスリートが集まっている所がNFLですからね。

そして、大学のストレングスコーチ、いましたいました。
まさに、Stereotypical College Strength Coachという人が。
胸が突き出ていて、腰のアーチはもうディスクは全てつぶれているんじゃないか?
というぐらい急カーブを描いていて、やたらとがに股で歩く。
がに股だから、カーブになるとも、
カーブが酷いから、がに股になるとも言えますが、、、。
Functional Testをしたら、全て治さないといけないんじゃないの?
というぐらい、最悪の姿勢とボディバランス。
笛と怒鳴り声で、まるで軍隊のトレーニングのようにローテーションしていく。
見ていて、あぁ、、、超Typical、、、と選手と二人で笑ってしまいました。

そして、選手達。
Limited ROMで、ウェイトをコントロールする事なくリフトしている。
コアのコの字も意識していない状態で、
でたらめにとにかく重いウェイトをあげようとする。
うわ、、、腰痛めそう、、、という選手が何人も。
ラットプルダウンで、首の後ろにバーを降ろしたのを見た時には、愕然。。。
これで良いのか、ストレングスコーチ、、、。

と、
ほんの数分でしたが、これが大学レベルか、、、。
と思いました。

どちらのチームかはあえて書きませんでしたが、
バリバリDIで、ボールゲームに来るチームです。
このチームが特別なのではなく、
どこの大学でも大体このレベルなのかな。

日本はどうなんだろうか、、、。
[PR]

by hiroisu | 2006-12-26 20:00 | Diary

Big Big WIN!

今日は、宿敵Indianapolis Coltsとの試合。
Texansは、Coltsと同じコンフェレンスなので、
年に二回ずつ試合をするんですが、
Texansは未だColts相手に勝った事が無いんです。
つまり、5年目のTexansは、Coltsに対して0-9。

そんなColtsを相手に、今日のTexansはやってくれました。
1st Qから得点を重ねます。
それでも、さすがColts、
さすがはPeyton Manning、向こうも点を取ってきます。
結局、4th Q、残り2分と少し残した所で、24-24の同点に。
そのままTexansのオフェンスで、残り3秒でフィールドゴールという所まで来ます。
これを決めれば、Coltsに対して、Texans Franchise初の勝利。

そんな緊張の瞬間。
キック!
ボールが宙を舞い、、、

見事決めてくれました!!!!
最高に盛り上がった!
初勝利ですよ、初勝利。
Coach Kubiakの初勝利に続いて、Texansの歴史的勝利の一つです。
ColtsもPeytonも憎たらしくて憎たらしくて、
去年からずーーーーーっとフラストレーション溜まってたから、
本当に嬉しかった!

久々に飛び跳ねて喜んで、
皆とハイファイブ、タックル、握手の嵐。
いつもならさっさと片付けはじめるんですが、
今日ばっかりは、フィールドで喜んでました。

何よりも嬉しいクリスマスプレゼント。

そして、明日は久々のオフ!
目覚ましをかけないで寝れる喜び!
今は最高に幸せです。

メリークリスマス!
[PR]

by hiroisu | 2006-12-24 17:13 | Diary

Appreciation

感謝の気持ち。

お金にはかえられないもの。

ただ、プロだとそれがお金として表される事が多々ある。
自分のしている事が、お金の為では無いと知っていても、
お金の為にやっているような感じになり、違和感を感じる事もあった。

そんな感じで過ごしてきた今シーズンだったが、クリスマスも近づいてきて、
色々な選手がチップやクリスマスギフトをくれる。

しかし、何よりうれしいのは、やはりちょっとした気持ち。
クリスマスカードと共に一言、
Thanks for all the time you put into my rehab.
I had fun hanging out with you everyday.
と書いてくれた選手もいた。

サポートスタッフの為に、色々と裏で動いてくれた選手もいた。

そういった、相手の温かさ、感謝の気持ちをもらうと、やはり嬉しい。
喜びを感じると、自分の気持ちも充電されていく。
今までしてきた事を、認めてもらった、褒めてもらった気分になる。
色々精神的にきつかった時もあったけど、この一年間が報われた気がする。

Merry Christmas to Everybody!
[PR]

by hiroisu | 2006-12-22 16:10 | Diary

Last Away Game

New England Patriotsとの試合でした。
試合の内容は忘れて、土曜日にあった事件を紹介。

いつも遠征の時は、飛行機から降りると、
選手達はそのままバスに乗り込み、ホテルに向かいます。
しかし、イクイップメントスタッフと、トレーナーの二人は、
そのまま飛行機の裏に回り、トランクなどをトラックに積み込みます。
普段は、バンも側に準備してあり、
僕達はトラックの後をバンで追って、スタジアムでセットアップをします。
しかし、今回はバンが準備されていなかったので、
僕達もトラックの後ろに乗り込みました。
そんな訳で総勢9人、トラックの後ろでワイワイ。a0021482_11414531.jpg

NFLEの時も、トラックの後ろに乗り込んでた時あるし、
別に問題ないでしょ、って感じで走りだしたんですが、
何故か写真の用に後ろのドア開きっぱなし(笑)。
おいおいおい、こんなんで走ってて大丈夫かいな?
と思っていたのが、事件の始まり。


途中から、悪ノリしだした数人が、後ろを走っている車に手を振り出します。
ハイウェイを運転中の人達も手を振りかえしてきたり、面白がってカメラを取り出す人達も(笑)。
そのうち、選手のバックからヘルメットを取り出し、それを被ってのパフォーマンス。

a0021482_11434691.jpgもー、おかしくっておかしくって、大爆笑。
最後には、後ろを走っている女性から、
電話番号を聞きだそうとしだすJ氏(笑)。
そんなこんなで、皆で楽しい一時を過ごしていたら、
後ろにパトカーが(苦笑)。



a0021482_11482842.jpg
プゥォンプゥォンプゥォンと、
僕達が乗っていたトラックが
パトカーに止められてしまいました。
これには、さすがに皆不安な様子。
今まで悪ノリしていた皆も、
一瞬で態度が変わりました(笑)。


トラック二台に、パトカー、スーツを着込んだ9人がハイウェイの出口の所に溜まっていたので、
通り過ぎていく車の中の人達は、興味津々に僕達の方を見ていました(笑)。
それこそ、麻薬の密輸事件の現場みたい。

結局、危ないのでタクシーか何かをよんでスタジアムまで行け、と言う事だけで、
牢屋に連れて行かれる事も無く、トラックの後ろから下ろされただけでした。
ただ、セットアップの為にトラックを先にスタジアムの方へ送らせると、
警官はそのまま僕達はほったらかしで去っていってしまいました。
そんなんで良いのか、警察官、、、。

そんな訳で、ハイウェイの真っ只中に放置された僕達(苦笑)。
外は10度以下と、ヒューストンから来た僕達には寒かったぁ。。。
結局、30分ほど写真の場所で待機していた自分達でした。
a0021482_1151278.jpg


結局、僕達が警察に止められているのを見た、
選手達をホテルに送ったバスの運転手さんがUターンしてきて、
僕達を拾ってくれました。
無事スタジアムまで行ってセットアップできたものの、
こんな事は長年NFLで働いているJ氏でも初めてだったようです。

NFLの連中はプロですが(プロだから?)、結構裏でハチャメチャやっているんです(笑)。
こんな面白い事は中々起こりませんけどね。
最後の遠征で、面白い経験ができました。
今日皆に写真も送ってあげて、しばらくはこのネタがトレーニングルームでも話されそうです。

最後に、夜のGillette Stadiumの写真です。
a0021482_123368.jpg

[PR]

by hiroisu | 2006-12-18 20:38 | Diary

Training Room X'mas Party

日本では、年末に忘年会をするように、
アメリカでは、クリスマス前にクリスマスパーティをやる訳です。

昨日に引き続き、今日もクリスマスパーティ。
去年に引き続き、トレーニングルームで、
練習後にサンドイッチ、エッグノッグ、クッキーなどをスタッフ、選手達用に準備し、
それを皆でワイワイ食べるというものでした。

いつも土曜日にベーグルの差し入れをしてくれる選手がVIP。
今日はTomの誕生日だったので、彼にも特別席、ケーキを準備。

選手がミーティングにいかなければいけなかったので、
トリートメント・アイシングなどと平行して行われて、
あわただしかったですが、楽しかったです。

最近、このような感じでイベント目白押しで、自分の時間が無かったので、
今晩はちょっとユックリしています。
[PR]

by hiroisu | 2006-12-14 19:18 | Diary

2006 Houston Sports Medicine X'mas Party

今日は、↑でした。
昨年に引き続き、チームドクターの家で、
ヒューストンのスポーツメディスンチーム主要の人達が集まってのパーティ。
今日は、去年より沢山来てた気がするなぁ。
ドクターは、Texansのドクター陣しか分からないし、
他のドクターはあまり興味も無いので、
交流が深まるという事は無かったですが、
他のAthletic Trainerの人達と色々お話してきました。

とりあえず、
Houston Texans - NFL
Houston Astros - MLB
Houston Dynamo - MLS
University of Houston
のトレーナー陣がいました。

やはり、この世界は繋がってます。
僕の師匠である、TexansのKevinとFlorida(元ISU)のAnthonyは、
University of HoustonのHead Trainer, Mike O'Sheaの愛弟子であります。
つまり、Mike O'Sheaは、僕の大師匠みたいな人(笑)。
NATAのMost Distinguished Athletic Trainerにも選ばれている人ですからね。
コンベンションを含めて、何回かお会いした事がありますが、
いつも気さくで、凄く話しやすい方です。
いつ会っても、彼の存在の大きさを感じます。

Dynamoの人から、MLSの事情をちょっと聞かせてもらったり、
Astrosの人とも交流したりと、
楽しい時間を美味しい料理とデザートで過ごさせてもらいました。

この仕事は、こういう横のつながりがあって良い。
将来、日本に帰ったりしても、こういうパーティやりたいなぁ、、、と思いました。
[PR]

by hiroisu | 2006-12-13 22:34 | Diary

Professional

昨日の事ですが、、、。

クリスマスショッピングというか、
最近モールなんて行ってなかったので、
久々にモールをフラフラして来ました。

店員さんに声かけられて、話してたら、
日本人とアメリカ人のハーフなんだそうです。
ヒューストンには来てまだ八ヶ月ぐらいらしいんですが、
オレゴンにもいた事がある、と言うではないですか!
僕もOregon State University出たんだよ~、
みたいな感じで盛り上がりました。
凄い奇遇ですよねぇ。

そして、最近髪が伸び気味だったので、
モールの中にある美容院に飛び込み。
そこは、カットする人の技量によって値段が変わるところ。
とりあえず、今すぐカットしてくれる人はいる?
と聞いたら、結構上の方の人になりました。
でも、40ドル以下。
ちなみに、一番安い人のMen's cutが、23ドルとかだったかな?
ま、アメリカの相場にしては高いだろうけど、
日本に比べたら、全然安いよね。

仕上がりは、上出来!
とりあえず、いちいち注文しなくても、
こういう感じが良いよね~?って感じで髪をすいてくれたり、
アメリカ来て、一番気に入りました。
それと、彼女、腕も良いけど、サービスが良い。
まぁ、サービスって言っても、話まくってるだけですけど(笑)。
いやぁ、とにかくマシンガントーク。面白かった。
久々に、プロのサービスを受けた感じで、
終わった後は髪もすっきりして、気持ちもすっきりしてました。

やっぱり、プロはこうでなくちゃね。
[PR]

by hiroisu | 2006-12-12 15:17 | Diary

Weekend and home game

今週末は、フォートワースとルイジアナから、
日本人ATの二人が我が家に遊びに来てくれました。
一人は、日曜日にTexas Licensureのテストがあるので、宿提供。
もう一人は、Finalも終わり、日本に帰る前にNFL観戦を兼ねて、
僕に会いに来てくれました。
そんな訳で、土曜日の夜は3人で日本食を食べに行き、
その後バーで軽くビリヤード。
皆同じ年代で、元野球部。
やっぱり、トレーナー仲間とワイワイやるのは良いもんです。
ヒューストンには、日本人ATが僕しかいないからねぇ。。。

さて、今日の試合はというと、凄く盛り上がったものの、
最後は最悪な負け方。
オーバータイムで、最後にVince YoungがTDを取って負けました。
もう、Vince Youngは凄い!という感じで、
呆れるしかなかったですね。
前回のホームゲームに比べたら、負けるして負けた、、、
という感じで、諦めもつきました。
もちろん、悔しいけどさ。。。

彼は、試合、勝負所をものにする力を持っています。
去年のUSC戦でもそうだったけど、
そういう星の元に生まれているんでしょうかね。
スペシャルな物を感じました。
彼、ルーキーですよ。
これから、どうなる事やら。
彼が率いるTennesseeも、これから強くなりそうですねぇ。
Texans、AFC Southで勝ち残る為には、相当の覚悟が必要そうです。

ところで、今日の試合中はなんだか忙しかったです。
細々と小さな怪我も出たので、今週は忙しくなるかな。

さて、残り三試合、頑張りましょ~。
[PR]

by hiroisu | 2006-12-10 22:02 | Diary

Houston Texans Christmas Party

さて、昨晩はテキサンズのクリスマスパーティでした。
選手、スタッフとその家族が皆参加。
クラブレベルの場所で、バイキング式な夕食も準備されています。

いつもは選手とトレーナーという関係ですが、
昨日は彼らが父親をしている姿や、
普段とは違う一面を見せてくれました。

僕は、日本人という事もあって(?)、
カメラ持参で仲が良い選手達を中心に、
色々写真撮って来ました。

なんだかんだ、テキサンズの選手達と一緒に写真を撮る機会って殆ど無いですからね。
プロの選手と写真を撮ってるというよりは、
友達と写真を撮っている感覚でしたが、、、。

a0021482_3401069.jpg
彼は、Chester Pitts.
Texans一年目からの生き残り、Starting Left Guard.
Texansの試合、全てでスタートしています。
彼は、一番トレーニングルームにいると言っても良いぐらい、
毎日トレーニングルームで何かしらトリートメント受けています。
でも、彼の人柄もあって、働きやすい選手です。
子供は、まだ七ヶ月だそうです。
でかい!!!

a0021482_3443633.jpg
彼らは、Rookie Running Backの、Wali LundyとChris Taylerです。
二人共、口数は少ないけど、ナイスガイ。
NFLでは一番背が低くなるRunning Backでも、僕と同じ背ですね~。

a0021482_346356.jpg
こちらは、
左からMorlon Greenwood, Lional Dalton, DeMeco Ryans,そしてEarl Cochranです。
皆ディフェンスですね。
DeMecoは、この前書いていた選手です。
Earlは、NFLEでも一緒で、トレーニングキャンプはTexansで練習していて、
一回カットされたんですが、またPractice Squadとして戻って来ました。
何かと縁がある選手です。

a0021482_3485022.jpg
こちら、Texans No.1 WRのAndre Johnson。
彼とは去年から冗談言い合ってますが、
今年は去年より彼が喋るようになりました(笑)。
皆で、E Mo(今年Texansに来たWR、Eric Moulds)の影響だろうね~。
なんて言っているんですが、
プロボールにいけるペースで活躍しています。
頑張って欲しいですね~。

a0021482_3505821.jpg
そして、最後は我らがHead Athletic Trainer、Kevin Bastin。
このBlogにも何回か登場してたかな?
サンタのタイしてたので、一緒に写真撮ってみました。

今回写真で紹介したのは、結構有名選手なので、
テキサンズの試合を観る機会があったら、是非チェックしてみて下さい。
テキサンズファンを密かに増やそうという試みです(笑)。

その他にも、色々な選手、スタッフの皆と会えて、
楽しい一時でした。
[PR]

by hiroisu | 2006-12-09 12:34 | Diary