カテゴリ:Diary( 603 )

Island League

香川の出張セッションに行って来ました。

今回も色々な方に来てもらい、
勉強になるセッションも一杯ありました。

野球選手、野球をやっている学生にセッションをする機会もあり、
特に学生にセッションしている時は、
自分の初心を思い出させてくれました。
元々アスレティックトレーナーを目指したのは、
学生時代に怪我をして満足に野球が出来なかったからですからね。
プロの世界に触れたりした事で、
憧れるという気持ちを少し忘れがちになってしまった自分ですが、
野球をやっていた時は、プロ野球選手やMLBを憧れていたものです。
まだまだ先が長い子達には、怪我無く頑張ってもらいたいですね。

今回は、四国アイランドリーグの試合観戦にも行けました。
夕日を背にした球場でプレーボール。
しまった試合で楽しめました。
プロに行って活躍しそうな選手も何人かいました。
これから羽ばたいて行く事でしょう。
そして、何より良いな、と思ったのが、
試合の後に観客が選手達と触れ合う時間があるのです。
少年野球をやっている子供達からしたら、
あこがれの選手に会える、話しができるのは嬉しいですよね。
まだまだ観客は少ないですが、
もっと地域に支持されるようになって盛り上がって欲しいですね。
a0021482_232691.jpg
[PR]

by hiroisu | 2010-09-12 23:28 | Diary

Days have passed

なんと〜〜〜、まだまだ外は暑いですが、すでに9月!
気がついたら日が経っていました。
コメントにも気がついていなかったし(汗)。

先週は、金沢に行って来ました。
学生相手に「触診」の勉強会。
学生の時期に確り触診できるようになっておく事で、
その後の理解力が変わってくると思うので、
触診をやってくれをいわれた時には、
お、なかなか良い所に目をつけるなと思いました。
良かったのでは無いでしょうか。
ロルファー、ATC、両方の知識が混ざった内容だったので、
一年生にはちょっとレベルが高かったかな?
これから頑張って勉強してもらいたいものです。
夜は、海鮮丼をいただいて来ました。
やはり北陸の魚は美味しい!
日本酒とのマッチングは最高でした。
また行きたい!
a0021482_21585671.jpg

そして、週末はロルファー友達とお泊まり会。
福岡、東京から、
ボルダー時代に良く一緒に勉強した二人が遊びに来てくれました。
初日は大阪をフラフラ。
僕のセッションルームの行きつけの場所に行ったり、
通天閣まで足を伸ばしたり。
大阪の普段はいかない所を見れました。
そして二日目は海遊館へ。
初めて行ったのですが、良かったです!
水の中で泳ぐ魚達の動きは滑らかで気持ち良さそうでした。
色々な種類の生き物を見るのは楽しいですねぇ。
小さな場所に閉じ込められているのは可愛そうでしたが、、、。
a0021482_2245858.jpg

ジンベイザメ
a0021482_2252649.jpg

ハリセンボン
a0021482_2254853.jpg

マンボー
a0021482_226211.jpg

クラゲ

そして、月曜日は、奥さんの大学時代の友人の台湾人と、
その彼、日本在住のシンガポール人と4人で夕食。
火曜日は、ニュージーランド人の友人が家に招いてくれて、
4人で夕食。
両日共インターナショナル!
ワインを飲みつつ色々な話しで盛り上がり、とても楽しかったです。
英語でも気兼ね無く付き合えるのが良いですね。

と、何やら忙しい日々でした(笑)。
[PR]

by hiroisu | 2010-09-01 22:10 | Diary

Koshien

今日の午後、甲子園に行って来ました。
新しくなってから初めてです。
近くに住んでいるのに、いざ行こうと思うと、
なかなか行けないものです。

高校野球の応援は、去年の春夏、
そして今年の春も行くチャンスが無く、
やっと今年で実現しました。
高校三年生の夏に行った時以来です。

着くと丁度地元、報徳戦をやっていました。
お目当ては、最終戦の興南vs仙台育英。
興南の島袋投手の球の伸びは凄いですね〜。
前半はズルズルした試合展開になっちゃうかな?と思いましたが、
後半からしまった良い試合になりました。

自分も高校時代は三年間野球に打ち込んだ訳ですが、
不完全燃焼だったなぁ〜、と思います。
でも、あの不完全燃焼があったからこそ、
アメリカに行って頑張れたんだと思いますけどね。

暑い中の熱闘、球児の皆さん、本当にお疲れ様です。
明日は連戦になるようなので、
投げ過ぎで身体を壊すような事無く、
全力でプレーできる事を祈っています。
a0021482_23454375.jpg

a0021482_2346010.jpg
[PR]

by hiroisu | 2010-08-17 23:48 | Diary

Singaporean Rolfers

シンガポールでは、ロルファー友達に会う機会がありました。

CST Iにはロルファーはいなかったんですが、
CST IIにはもう一人ロルファーが!
それも、ボルダーで会った事がある人でした。

そして、もう一人の知り合いの連絡先を彼が知っていたので、
連絡をとってもらい、皆で会う事が出来ました。

シンガポールを案内してくれるという事で、まずは夜市へ。
a0021482_11362276.jpg

こんな感じの料理を食べました。
a0021482_1224281.jpg

シンガポールには、ロルファーが4人しかいないらしいです。
まだまだロルフィングが知られていない場所なので、
色々と苦労しているみたいでした。
そのうちの二人を知っているのだから、
シンガポールのロルファーの半分を知っている訳ですね(笑)。

外国でロルファーと一緒に話しをしたり出来ると思っていなかったので、
とても楽しかったです。
ボルダーの時の話しとかも懐かしいかったな〜。

やはり、ロルファーは見ている所が一緒で、僕が
「やっぱりロルフィングを受けてる人の身体、姿勢は違うな〜」
と思っていたら、もう一人も、
「二人程効率的に歩く人は他に見ないわ〜。やっぱりロルファーね。」
と言っていました(笑)。
a0021482_11423724.jpg

世界中にいるロルファー。
こんな出会いがまたあると楽しいですね。
a0021482_1143244.jpg
[PR]

by hiroisu | 2010-08-14 11:48 | Diary

Rolfing Logo

大分前にもらっていたんですが、
やっと昨日セッションルームに持って行けました。

ロルフィングロゴの看板です。
作ってくれたのは、母親。

さすがの一言。
カッコイイものを作ってくれました。
世界に一つの看板を、
公園に行く人の目に付く所に置いておきたいと思います。
a0021482_955052.jpg
[PR]

by hiroisu | 2010-08-09 09:55 | Diary

Back from Singapore!

帰国しました!

ふえぇ〜

CranioSacral Therapy I, IIで新しい事を習い、
頭蓋、身体を毎日いじられた上に、
毎日色々と出歩き、相当食べ歩いていたので、
身体がビックリしています(笑)。

クラスは、シンガポール人、アメリカ人、ドイツ人、イギリス人、
オーストラリア人、タイ人、フィリピン人、韓国人、そして日本人と、
様々な国の人が参加していてとても面白かったです。
この異文化のミックスさはアメリカ以上ですね。

シンガポールの街も面白かったです。
未来都市という感じ。
アジアの中のアメリカな感じもしました。
MRTなどは台湾と非常に似ています。
カジノもオープンし、数年したら、
もっとリゾート地として観光客も増えるのでは無いでしょうか?
既にかなりハイペースで増えているようですが、、、。
ショッピングモールの数が半端じゃないです。

シンガポールの人は、皆英語と中国語が話せるバイリンガルなので、
TVを見ていても両方入り乱れるし、
お店でも両方聞こえてくるという感じでした。
英語はシンガポール訛りがあるから、
結構聞き取り辛い時もありました。
フードコートでの注文などのやり取りは、
殆ど皆中国語でした。
やっぱり中国語、勉強しないとな〜。

見て回った所で色々と面白い所もあったし、
CSTの事も書いていきたいですが、
今日は疲れたので写真を数枚アップして終了〜。
ダブルヘリックスの橋、夜景とマーライオンです。
a0021482_21482529.jpga0021482_21481222.jpga0021482_2148162.jpga0021482_21474974.jpga0021482_21473956.jpg
[PR]

by hiroisu | 2010-08-04 21:53 | Diary

Craniosacral Therapy

バタバタしていました。
先週の水曜日〜日曜日まで台湾に行き、
その間、日本にいる間は朝から晩まで働いていました。

講師をしている専門学校の試験も無事に終わり、一安心。
12名、それぞれの成長をしてくれたし、
思っていた以上のものを学んでくれた生徒もいたようで、
テスト中にビックリしていた自分です。

さて、今日からシンガポールに行って来ます。
これは大分前から計画していたんですが、
Upledger InstituteのCraniosacral Therapy (CST)があるので、
それに参加して来ます。

インストラクターの方は、アメリカの方で、
DPT, ATCのクレデンシャルを持っています!
スポーツの現場で働いていた人から学べる機会という事もあり、
思わず参加する事にしてしまった次第です。
ちなみに、NATA-BOCのCEUも出るし、
ロルフィング関係の勉強にもなるので、一石二鳥です。

CSTの事を知ったのは、テキサンズの一年目。
腰痛で苦しんでいた時に、腰痛ショップで売っていたのが、こちら。a0021482_1145544.jpg

Still Point Inducerです。
頭蓋仙骨と聞いて、当時これだ!と思ったのを覚えています。

最近は、通訳という形で講習会に参加させてもらう事は多かったですが、
海外での講習会は久しぶりなので、
楽しんで、色々学んでこようと思います。
[PR]

by hiroisu | 2010-07-23 11:10 | Diary

Nanatokomairi

「ななとこまいり」なる事をして来ました。

昨日の仕事の後、ふらりと行きつけのカフェ、
Cocoo Cafeに行くと、ななとこまいりMAPなるものを置いてあったので、
久しぶりに一人で過ごす日曜日に丁度良いと思ったのがキッカケです。
地図はこんな感じ。
a0021482_2117299.jpg

あ、ちなみにCacoo CafeのTea Espressoは、
大阪ではCacoo Cafeでしか飲めません。
美味しいです。
僕は中毒症状が出て、時々無償に飲みたくなるぐらい気に入っているので、
疲れた〜〜〜という時に癒してもらっています。
その他にも、フレンチプレスコーヒーや軽食も美味しいです。
4階から見える靭公園も素敵なので、是非僕のセッションルームに来る機会、
もしくは靭公園の方へ来る事がある時にはよってみて下さい。
a0021482_21175276.jpg


さて、話しがそれましたが、「ななとこまいり」は、
野田にあるお地蔵さま七つをお参りすると願いがかなうという、
野田に古くから伝わる言い伝えだそうです。
そんな訳で、七つと言わず、フラフラと地図にのっているお地蔵様、
全て拝んで来ました。

野田に入ると、もの凄く静かなのと、
建物も古いものが残っているので、
タイムスリップした感じがしました。
長屋の雰囲気はこんな感じ。
明治時代の建物も残っているようです。
a0021482_21231054.jpg


迷路のような小道を抜けると、
ひょっこりこんなものが現れたり。
a0021482_21253758.jpg


お地蔵様は、それぞれ表情が違い、面白かったです。
タヌキもいました(笑)。
お地蔵様がいるだけの所も、
色々とまつられている所もありました。
a0021482_21241474.jpg

a0021482_21242534.jpg

a0021482_21262320.jpg


ゆっくり歩いて全て回っても、1時間半ぐらいでした。
今日は小雨がぱらついていて、そんなに暑くなかったので、
丁度良かったです。

そして、最後にDah's Cafeで「ななとこコーヒー」を頂きました。
色々話しを伺っていたら、
その後スペシャルティコーヒーの試飲をさせてくれました。
うーん、美味しいコーヒーを飲み比べられて幸せ。
写真撮るの忘れましたが、豆を購入(笑)。

そんなこんなで、凄くリラックスできました。
時間を気にせずフラフラできるのは良いですね。
[PR]

by hiroisu | 2010-07-11 21:30 | Diary

Intention

Intentionは、意図、意思がある事とか訳される。

身体を触っている人に、
what is your intension?
と聞いたら、
どこを「考えて」、「意識して」触ってるの?
といった感じである。

骨かも知れないし、筋肉かも知れない。
筋膜の繋がりを見ているかも知れないし、
体液の動きを感じているかも。
つまり、intention、頭の中身を変える事で、
それらが変化する。
Perceptionもそう。
何を受け入れよう、探そうとするかで、
認知できるものも変化してくる。

Perceptionをどこまで広げるかと、
Intentionをどこに持って行くかで、
ワークの質がまるっきり変わってきてしまう。

筋膜ワークもできるし、
経絡にそったワークも、
AKA的なアプローチでのワークもできた。
頭蓋仙骨療法をいれる事だってできる。
それぞれで身体は変化する。

つまり、全ては自分のintention次第。
だからテクニックを知っても、
intentionの無い人がワークをしても駄目なのか、、、
と納得。

そうすると、セッションの善し悪しは、
自分の意識の問題になってくるのと、
何に意識を持っていくのかという事が問題になってくる。

とりあえず、SourcePointのBobとStillnessのRichardは、
Blueprintのような自然界の力に委ねるのが良いと言っている。
はてさて、、、
やっぱりこういった内容は難しい。

今の僕にはまだまだ分からない事が一杯。
だけど、とりあえず少し前よりは分かってきたのは確かかな。。。
[PR]

by hiroisu | 2010-04-27 00:23 | Diary

Intention

Intentionは、意図、意思がある事とか訳される。

身体を触っている人に、
what is your intension?
と聞いたら、
どこを「考えて」、「意識して」触ってるの?
といった感じである。

骨かも知れないし、筋肉かも知れない。
筋膜の繋がりを見ているかも知れないし、
体液の動きを感じているかも。
つまり、intention、頭の中身を変える事で、
それらが変化する。
Perceptionもそう。
何を受け入れよう、探そうとするかで、
認知できるものも変化してくる。

Perceptionをどこまで広げるかと、
Intentionをどこに持って行くかで、
ワークの質がまるっきり変わってきてしまう。

筋膜ワークもできるし、
経絡にそったワークも、
AKA的なアプローチでのワークもできた。
頭蓋仙骨療法をいれる事だって、
ポラリティみたいに、エネルギーフィールドに働きかける事もできる。
それぞれで身体は変化する。

つまり、全ては自分のintention次第。
だからテクニックを知っても、
intentionの無い人がワークをしても駄目なのか、、、
と納得。

そうすると、セッションの善し悪しは、
自分の意識の問題になってくるのと、
何に意識を持っていくのかという事が問題になってくる。

はてさて、、、
やっぱりこういった内容は難しい。

今の僕にはまだまだ分から無い事が一杯。
だけど、とりあえず少し前よりは分かってきた事があるのは確か。。。
[PR]

by hiroisu | 2010-04-27 00:21 | Diary