Autumn

NFLも開幕し、外も夜は上着が無いと肌寒いようになって来ましたね。
Texansは初戦敗退。
残念ですが、これからの長いシーズン、頑張ってもらいたいです。
そう、アメフトと言えば、秋です!
いや、秋と言えばアメフトかな?
この時期は、毎年フットボールで忙しい日々を送っていたので、
何だか仕事したいモードになります。
暑過ぎず、気分が良いからっていうのもあるのかも知れないですけどね。

おかげさまで、ボチボチ忙しくさせてもらっています。
最近、手が大分変わって来ました。
所謂、"in shape"になってきた感じ。
手そのものの形も変わっているし、かなり持久力もついた気がします。
一般的ロルファーの人より、僕は手が中心でセッションを行う事が多いので、
一日の最後の方は結構腕が重ーくなる感じが前まであったんですが、
最近減って来ました。
まぁ、かなりメンテをするようになったというのもありますけど、、、。
商売道具なんで、キチンとケアしてあげないとね。

セッションは、本当にやる中で学ばさせてもらっている感じです。
この前、MAT的にROMをチェックして、
その後SourcePointのダイアモンドポイントを使ったら、
ROMが左右均等になってしまいました(苦笑)。
つまり、そこでMATをはじめていたら、
かなりの時間を損する事になったんでしょう。
でも、他の所で制限があって、
その制限がある可動域に関係する組織にワークしていたら、
可動域が面白いぐらい広がりました。
この可能性は、もっと突っ込んでみていく必要があるでしょうねぇ。
MAT Specialistの方、大阪に来て下さい。実験しましょう(笑)。

後は、ほぼ仙骨、頭蓋しか触っていないのに、
歩き方がバシッと変わった方もいらっしゃいました。
こんなイメージが本にものっていますし、
関係あるんでしょうねぇ。
頭蓋仙骨療法をやられる方で、歩き方を見て、
身体のバランスとの関係を見る人は少ないんじゃないかなぁ。
a0021482_9325821.jpg

This image is from Craniosacral Biodynamics by Franklyn Sills
[PR]

by hiroisu | 2009-09-17 09:33 | Diary

<< Silver Week Things to make ... >>