Self Image

最近、普段は買わないものを買う時に、
不思議な感覚がありました。

例えば、ピアノ椅子。
高さがかえられる椅子が必要だったので、
購入した訳ですが、その時の気分は音楽家。
売る側は、僕が何に使うか知らない訳で、
ピアノ椅子だけを買う=ピアノはすでに持っている
と考えるのが普通でしょう。
つまりは、自分はピアノを弾く人という事になります。

その時の自分の感覚は、悪くなかったです(笑)。

逆に、セージ用にライターを買う時。
僕はタバコを吸いません。
しかし、普通に考えたら、
ライターだけをコンビニで購入するという事は、
喫煙者だという事になります。

その時自分が持つ感じは、ちょっと嫌でした。

人間、知らず知らずの間に、
自分のセルフイメージというものを色々な要素から構築していて、
それを環境と照らし合わせています。
今回は、普段自分が買わないような事、
行わないような事をしたので、
そこにギャップを感じたのだと思います。

もちろん、こういったものは、
ボディイメージ(Body Image)にも影響を与えるので、
身体的に表れる事もありますよね。

少なくても、僕みたいな身体したピアニストは、
中々見かけませんから(笑)。
[PR]

by hiroisu | 2009-08-06 22:08 | Diary

<< LOHAS festa Skeleton Model >>