Oh, by the way

本日二度目の投稿です。
そんなに暇な訳でもないんですが、、、。

今朝、授業前に歩いている時に、
ふと思い出した事です。
あまりテクニカルな話ばかりでも疲れるので、
たまには自分の考えている事もここに残しておきたいと思います。

大学院にアプライした時に、
エッセイを書かなくてはいけなかったんです。
その際に大学院で学びたい事として、
怪我のSymptom(症状)では無く、Cause(本来の問題点)を治せるように、
より知識をつけたい、みたいな事を書いたんですね。

OSU時代のクラス、経験で、
そういうコンセプトが根付いていて、
それを追い求めて、今のような状況になった訳です。
考えていた時期は、院にアプライする前なので、
2003年の冬ぐらいですか。

約4年後が現時点。
悪く無いかな、と思いました。
大学の後の4年間は、ある意味大学時代の4年間より濃かったし、
勉強しているかも知れませんね。

今、将来的な事としてボンヤリ思い描いている事は、
今の自分には到底無理な事なような気もしますが、
それを追っていったら、数年後に振り返った時には、
思ったより進歩してるじゃん!
って思える自分がいるんでしょうか?

そうなるように、今できる事をやりましょう。
[PR]

by hiroisu | 2007-10-16 21:40 | Diary

<< Session Four Isn't it in... >>