As a bodyworker

さて、オレゴンから戻って来てから、
結構積極的に動いています。
ボルダーの情報が載っている日本人の為のウェブの掲示板で、
マッサージやりますという書き込みをしたら、
結構反応があり、今週は数人新しい人とセッション行いました。
HPアドレスも載せていたんですが、HP、僕のバックグラウンドを見る事無く、
メールをくれた人もいて、そんなもんなのかね、、、なんて思ったりしています(笑)。

さて、その過程で、今までに経験した事のない事を経験しています。

その1、スケジューリング。
メールをもらってから、お互いに都合の良い日を決める過程ですね。
自分、ATCですから、普段は選手が勝手にTRに来るという環境で今まで働いていました。
こっちからそういう事をセットアップしていかなくてはいけないというのは、新しい経験です。
こういう時に、自分のメール返信の「まめさ」が生きてくるなぁ、、、と思っています。
最近、一日何通メールのやり取りしてる事やら。
普段はカレンダーとか使わない自分も、さすがに使いだしました。
今の所頭だけで大丈夫ですが、メールでいついつ、と言っておいて、
自分の頭からすっぽり抜けていたら、相手に失礼ですからね。

その2、シーツ、洗濯。
そう、テーブルに直接寝る訳にも行かないので、シーツを使います。
男性の場合、テーブルに一枚シーツをひいて、
そこに寝っころがってもらって問題ないものの、
女性の場合上を隠すシーツも必要になってくるので、シーツを二枚使います。
使ったら、洗わないかんので、洗濯する訳ですね。
再利用してないですよ!(笑)
今4組ぐらいあるものの、もうちょっとあっても良いかな、と思ってます。
部屋に洗濯機、乾燥機があれば良いんですが、
アパートの洗濯場まで行かなくてはいけないので、この作業、結構面倒です。

その3、出会い。
初めてセッションをする人は、友達でもない限り、初対面な人が多いです。
色々な人と会えるので、刺激的だし、面白い。
男性、女性、アクティブな人、小さい人、筋肉質な人、
変化がわかりやすい人、凄くセンシティブな人、
色々体も違うし、パーソナリティも違うので、飽きません。
もちろん、自分がやりやすいタイプの人ってある訳ですが、
自分のやりにくいタイプの人のセッションの時の方が集中できて、勉強になります。
何事も経験ですね。
これが、Texans時代に無かった事なので、
やっぱり僕はこういう刺激、新しい変化がある方が好きだなぁ、、、と改めて感じています。
でも、リピーターが増えて、
体、性格もちょっと分かっている人にワークできる事を祈ります(笑)。
初対面の人、初めて触る人だと、
やっぱり気を使うというか、エクストラに疲れる気がします。

その4、間隔。
昨日の夕方4時から24時間、つまり今日の4時までに、4人にワークしました。
まだまだ全然余裕で、後二人ぐらいは今日できるかな、という気もしますが、
この辺の所も、今後遊んでいく事になると思います。
キャンプ中は18時間ぐらい働いてたものの、
さすがにマッサージでそれは無理ですからね(苦笑)。

と、色々新しい事を学んでいるBeginner Bodyworkerでした。
あ、でもTechniqueはBeginner Levelでは無いと思います。
ATでの知識とか、チョコチョコ入れて、色々試しつつやっています。
結構評判も良いです。
(なんて、ちょっと宣伝してみました)
[PR]

by hiroisu | 2007-08-08 15:54 | Diary

<< My father has c... Oregon Trip Intro >>