Yes, you are one of the NFL players!

やっと木曜日終了。
今日も普通に12時間労働。
気分的には、キャンプはまだ続いてるの?って感じです。
去年は、4時ぐらいにはそろそろ終わる頃だね~って感じだったんですが、
今年は、普通に5時ぐらいまで選手がいるので、帰るのいつも遅くなりそうだなぁ。。。

サマーインターン(aka 雑用やってくれるインターン達)がいなくなったので、
皆をスーパーバイズしなくて良くなり、ストレスレベルは下がったものの、
全て自分でこなさなければいけないので、仕事の量が増えました!
ゲータレード、プロテインシェイク、バー、テーピング、エースラップ、タオルなど、
細々とした雑用、トレーニングルームが機能するようにストックしたりする事多いです。
大学にいる人達は、学生トレーナー皆がやる事を、僕一人がやると思ってくれればOK!
雑用はだるいけど、ま、誰かがやらなきゃいけない事、
インターンの宿命なので、NFL No.1の効率の良さ!ってな感じで、
変な楽しみ方をしつつやっています。

さて、そんな今日も終わりに近づいてきた時に、
一人のルーキーが、大量の写真と、ボールにサインしていました。
写真は、厚さが2cmぐらいはあったんじゃないかなぁー。

「一体何枚あるのさ!」

って感じで色々突っ込みいれてたら、
彼の出身校にいる、彼のマーケティングを助けてる人達が頼んできたらしいです。
どうも、先週、彼の出身校でゲームがあった時に、彼のサインボールを売った所、
三つで300ドルという値が付いたらしいんですね。
他にも色々な人から頼まれてる、という事らしく、
彼の元にボールと写真が送られてきたようなんです。

僕が、
「へぇ~、ボール一個100ドルか~。
「んじゃ、今お前がサインしたら、このボールは100ドルの値打ちがつくんだねぇ~。
「悪いけど、僕はこのボールに100ドルは払わないけどなぁ。」

って言ったら、

「だよな~!
「俺もそう思うよ!
「なんでこんなボールにサインしただけのもに、100ドルも払うのか分からん!
「This is crazy, man!」

と言っていました(笑)。

でも僕は、シーズンが終わったら、
彼のサインボールは一個300ドルぐらいになってると思います。
彼にそう思うよって言ったら、どうだかねーって感じで言っていましたが(笑)、
彼はやってくれると思いますよ。

それと、彼とも話ししていたんですが、
トレーニングルームにいると、本当に彼らがプロの選手で、
外の世界には、彼らのサインボールやグッズに、
そういった大金を使う人がいるんだなぁ、という事をよく忘れてしまいます。
彼も、まだそういった感じらしく、なんか、変な感じだよねぇ~と言い合っていました。
彼は、とっても好青年。
フットボールにも真面目に取り組んでるし、タレントも申し分ないです。
今年のお気に入りの選手です。
頑張って欲しいですね。

注) このルーキーというのは、Marioの事では無いです。
[PR]

by hiroisu | 2006-09-07 21:17 | Diary

<< It's Game T... Still Wednesday?! >>