GER vs POR

三位決定戦。
ドイツの最終戦。
面白かった!

前回の試合、120分間無得点だった鬱憤を一気に晴らしてくれる、
Schweisteigerのミドルシュート!
思わず、テレビの前で叫んでしまいました。

そして、最後の最後に登場のカーン。
相変わらずの顔で、ファインセーブ連発。

最後にポルトガルFIGOのスーパーパスで得点されるものの、そこまで完璧。
カーンがセーブする度に盛り上がるスタジアムの雰囲気が伝わってきて、
テレビの前でもブルブル来ました。

本当に良い試合だった。
スカッとする、サッカーの醍醐味を見せてもらったような試合で、
主催国、ドイツの最後の試合にふさわしい試合だったと思いました!!!!
スッカリドイツチームのファンになってしまいましたよ。

まだまだ若いチームなので、次回のWCも期待されるんでしょうね。
今年は若いチームで、チャレンジャーだったチームも、
4年後には、前回三位の期待のチームとしてWCを向かえる事でしょう。
プレッシャーの下、次のWCでどういったチームに仕上がってくるか、楽しみですね。


ところで、今日の審判は日本人でしたね。
試合開始の時に、Japanというのを聞いて、うん?と思って、
いつもより審判にも注目して見ていました。
良く走ってましたねぇ~。
日本代表のサッカー選手より、走ってたんじゃないの(笑)。
ちょっと調べてみたら、上川徹さんだという事が判明。
応援Blogがありましたよ。→こちら
FIFAのOfficial Websiteにも、Kamikawa Toruとして載っていました。
世界で活躍している日本人、こんな所にもいるんですね。
[PR]

by hiroisu | 2006-07-08 16:03 | Diary

<< Rhythm Sports! >>