Sending to Birmingham

昨日のBlogのせいですかね。。。
今日手を骨折した選手がいて、運が悪い事に手術する事になりそうです。
骨折でも、手の場合には、折れ方によっては、そのままプレーできるんですけどね。
ま、彼の場合はそういう訳にもいかず、Birmingham行き。

NFLEは、Birminghamにある、Champion SportsというClinicと提携していて、
長期のリハビリが必要な選手達は、そこに送られる事になっています。
Physicalを行なったのもChampionだし、NFLEの女性トレーナー陣は、
オフシーズンにはChampion Sportsで働いています。
そこでリハビリをして、治してから復帰という形ですね。

キャンプも終盤に差し掛かり、カットされる選手も出てくるので、
こういった怪我によるリタイアが、一人の選手、チームに与える影響は結構あります。

そして、トレーナーの役割も、かなり重要。
その選手をBirminghamに送るか、チームに所属させたままでリハビリさせていくか。
選手の性格、リハビリの状況、チームに必要とされているか、などなど、
怪我一つではなく、色々なことが関与しています。
NFLとNFLEのLeague同士のやりとりなども入ってくると、
Politicalな問題になってきて、僕は知らん顔して傍観者になってる時もあります。

まぁ、色々とあるNFLEですわ。

明日は、三度目のスクリメージでございます。
[PR]

by hiroisu | 2006-03-01 10:20 | Diary

<< Prescribed drug So far so--- good >>