Bodies...the exhibition

今日はオフって事で、朝食を食べた後に、
選手を二人ぐらいみた後は自由でした。

そんな訳で、午前中にタンパに来てからずっと行きたいと思っていた、
Bodies...the exhibitionという、日本でいう人体の不思議展に行ってきました。
日本の人体の不思議展にも行った事があるので、今回で二回目。
基本的には同じ展示物でしたが、1年半で興味のある所も少し変わっていて、
また楽しめる事ができました。

一番感動的だったのは、Embryo(胎児)の成長の様子が展示されているコーナー。
3週目ぐらいから、心臓が動きだすそうです。
10週目と12週目で大きさが1.5倍になっていたりと、
生命の神秘、ありがたさを改めて思いました。

ただ、20週目の胎児の模型もあり、この子は、後半分お腹の中にいたら、
人間としてこの世に生を受け、今ごろどこかで生活していたかもしれないのになぁ、、、
と思うと、なんだか悲しい気持ちになってしまいました。
あれをみたら、中絶なんてできなくなるんじゃないかなぁ。。。

ま、何はともあれ、また良い勉強になりました。
医療関係、解剖学などを学ぶ人には、絶対にお勧めです。
そういった知識が無い人でも、自分の体の事を知る事ができるし、面白いと思います。

近くで見かけたら、ぜひ。
[PR]

by hiroisu | 2006-02-26 17:38 | Diary

<< So far so--- good 2nd Scrimmage >>