Earthquake & etc...

地震があってから色々な事を考えさせられました。
あまりウダウダ書く気は無いですが、
僕の中で印象に残っているイベントとして、

「阪神大震災」
西宮の祖父母を手伝う為に震災後少し落ち着いてから現地に行き、
テレビと実際の現場の違いを痛感した。

「9.11 NY」
友達と旅行でSFに行った時に事件がおき、
NYとは対極の地にいながら不安に思った。

「New Orleans ハリケーン カトリナ」
Houstonに避難民が来た時に、発砲事件などでかなり荒れて怖い思いをした。

これらで学んだ事は、実際の現場やそれに近い臨場感を持って初めて、
本当の怖さだったり凄さを実感するという事です。
テレビなどで見ていて、酷い状態だという事は伝わってきても、
実際に現場や被害にあった人達の心境は想像できないものだと思います。
そう思うが故に、複雑な心境です。
関西では普通に時が流れているだけに、尚更です。

震災の事を世界中の人が心配してくれているのは本当で、
僕にもアメリカ、オランダ、ニュージーランド、シンガポールなどから、
無事を心配するメッセージを友人が送って来てくれました。
本当にありがたい事です。

関西は直接の影響は無かったのですが、
震災の影響はこちらでもヒシヒシと感じる事ができ、
乾電池が売り切れだったり、品薄のものがあったりします。
また、クライエントさんの身体の状態も確実に影響を受けている人が多いです。
いつも以上に硬くなっていたり、縮こまっていたりします。
東京でも地震、余震、福島の問題などで動揺している人が多い事でしょう。
ボディワーカーが近くにいるようでしたら、一度施術を受けてもらいたいです。
自分の呼吸の状態を感じてもらったり、足で地面を感じたり、
骨の重さを感じてもらうだけでもパニック状態が落ち着いてくると思います。
安全な場所で自分の身体の状態を知るだけでも良いと思います。

最後に、僕が読んだブログでシェアしたいと思ったものです。

「どこに寄付をしたら、どこにお金が行くのか」
「不謹慎とは何か?」
[PR]

by hiroisu | 2011-03-23 00:10 | Diary

<< Trunk JATO Symposium >>