Intention

Intentionは、意図、意思がある事とか訳される。

身体を触っている人に、
what is your intension?
と聞いたら、
どこを「考えて」、「意識して」触ってるの?
といった感じである。

骨かも知れないし、筋肉かも知れない。
筋膜の繋がりを見ているかも知れないし、
体液の動きを感じているかも。
つまり、intention、頭の中身を変える事で、
それらが変化する。
Perceptionもそう。
何を受け入れよう、探そうとするかで、
認知できるものも変化してくる。

Perceptionをどこまで広げるかと、
Intentionをどこに持って行くかで、
ワークの質がまるっきり変わってきてしまう。

筋膜ワークもできるし、
経絡にそったワークも、
AKA的なアプローチでのワークもできた。
頭蓋仙骨療法をいれる事だってできる。
それぞれで身体は変化する。

つまり、全ては自分のintention次第。
だからテクニックを知っても、
intentionの無い人がワークをしても駄目なのか、、、
と納得。

そうすると、セッションの善し悪しは、
自分の意識の問題になってくるのと、
何に意識を持っていくのかという事が問題になってくる。

とりあえず、SourcePointのBobとStillnessのRichardは、
Blueprintのような自然界の力に委ねるのが良いと言っている。
はてさて、、、
やっぱりこういった内容は難しい。

今の僕にはまだまだ分からない事が一杯。
だけど、とりあえず少し前よりは分かってきたのは確かかな。。。
[PR]

by hiroisu | 2010-04-27 00:23 | Diary

<< What is Rolfing? Intention >>